「モバイルPASMO」はApple Pay対応? モバイルSuicaと共存は?PASMO協議会に聞いた

詳しいことは3月を待て、ということらしい

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年01月21日, 午後 06:25 in payment
256シェア
モバイルPASMO
21日に突如発表された「モバイルPASMO」。モバイルSuicaと同等の機能が使える私鉄連合のモバイルICカードで、首都圏の私鉄の定期券も搭載できるという点が大きな特徴となっています。

ただしこの発表は「2020年春開始」「搭載OSはAndroidのみ」といった点で疑問が残る内容となっています。

気になるiPhone(Apple Payの対応)については、PASMO協議会の広報担当者に聞いたところ「対応するかどうかも含めて、現時点では未定」という玉虫色の回答でした。Apple Payの対応についてはアップル側での作業が必要となるため、Androidでのおサイフケータイ対応よりも一段ハードルが高いものと思われます。

また、今モバイルSuicaを使っている人にとって気になるのは「モバイルPASMOとモバイルSuicaは併用できるのか」という点でしょう。この点について担当者は「Suicaとの共存など、詳細な仕様については調整中。3月初旬の案内でより詳しいことが伝えられると思う」とコメントしています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: Android, bus, Felica, mobile, PASMO, payment, services, smartphone, Suica, train, transportation
256シェア