モトローラrazrの米国発売は2月6日に。延期されていた縦折りフォルダブルスマホがいよいよ

2019年内から一度延期されていました

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
97シェア
motorola razr
米モトローラの縦折りフォルダブル画面搭載スマートフォン「razr」の発売日が、2月6日に決定しました。

razrは縦長の6.2インチのディスプレイを、フリップケータイのように縦方向に折りたためるスマートフォン。これにより、コンパクトなサイズでの持ち運びが可能です。また他社のより大きな折りたたみスマートフォンとは異なり、1500ドル(約16万円)と"比較的に廉価"に販売されることも特徴です。

razrはもともと、いったんは2019年12月からの予約と今年1月の発売が予定されていたのですが、「高い需要と生産台数の増加」を理由に、その予約日と発売日が未公表の形で延期されていました。そして今回、正式にその時期が決定したことになります。

ただし2月6日というのは北米地域のみ。米キャリアのベライゾン、ウォルマート、そしてモトローラの公式サイトにて販売されます。その他地域での発売時期は、後日に決定されるとのことです。

縦折りスマートフォンといえば、韓国サムスンも「Galaxy Z Flip(仮称)」を来月にも発表することが予測されています。縦折りに横折りと、2020年のフォルダブルスマートフォン市場はますますにぎやかになりそうです。

 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: android, foldable, foldablesmartphone, foldablesmartphones, motorola, MotorolaRazr, razr, smartphone, smartphones
97シェア

Sponsored Contents