Motorolaの折りたたみスマホ「Razr」はフィルム非推奨、取り扱い注意動画を公開

折り目は付いてしまうようです

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年01月27日, 午後 12:15 in mobile
90シェア
Razr
Motorolaの折り畳み端末Razrの予約が、米国で開始されました。価格は1499.99ドル(約16万3000円)で、いまのことろVerizon専用となるようです。


予約開始にあわせ、MotorolaはRazrの取り扱いに関する注意動画を公開しています。同様の動画はSamsungがFoldをリリースした際にも公開していますが、それに近い内容となっています。


まず、画面が濡れていたら乾いた布でふき取るようにとのこと。これは一般的な注意事項です。鋭利なもの避け、ポケットなどに収納する際は画面を閉じる。スクリーンプロテクターを使わないようにとの注意もFoldと同様です。

そして、折り畳み部にでっぱりやしこりがあっても、それは正常なことだとしています。RazrはFoldとは違い、折り畳んだ状態で画面に隙間がなくなっています。その割に、開いた状態での折り目については、これまでほとんど問題視されていませんが、完全にフラットになったわけではないようです。



折り畳むという構造上、どうしても画面が柔らかくなり、折り目が出てくるのは避けられないのかもしれません。Samsungの次期折り畳み端末Galaxy Z Flip(仮)では、折り曲げに対応した薄型ガラスを採用するとの噂もありますが、折り目は残ってしまうと伝えられています。


もちろんこの先、折り目が付かない(付きづらい)、多少ラフに扱っても問題ないフォルダブルディスプレイも登場すると考えられますが、いまはまだフォルダブルの過渡期であり、他のスマートフォンよりも取り扱いには注意する必要がありそうです。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: foldable, foldable phone, gear, lenovo, mobile, motorola, razr, verizon, video
90シェア