新宿駅に「京王ライナー」風の自律掃除ロボ導入。車内BGMを鳴らし床掃除

電車より先に掃除機で無人運転

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年02月6日, 午後 08:00 in robot
0シェア
FacebookTwitter
京王掃除ロボ
京王新宿駅に、自律走行型のロボット掃除機が2月15日から導入されます。ユニークなのは電車風のデザインをしていること。京王電鉄の最新型車両5000系を模しており、さらに「京王ライナー」のBGMを鳴らしながら掃除します。

自律走行型の床面ロボット掃除機は、あらかじめ清掃するエリアを設定しておくと、歩行者を避けつつ自動で掃除できるというもの。新宿駅では普段は清掃スタッフが操作しつつ走行し、終電後から始発までは自動走行させることで、省力化を図りつつ床掃除の作業回数を増やします。こうした業務用ロボット掃除機はここ数年、いくつかのメーカーから製品が投入されていますが、京王グループではアマノ製の「EGrobo」を導入。もともと丸みを帯びたデザインのこのロボットにラッピングを施すことで、京王5000系のフロントイメージを再現しています。

ロボット掃除機の走行中BGM(警告音)は、座席指定列車「京王ライナー」の車内BGMのほか、列車がホームに入線する時のメロディホーンも用意されています。

京王掃除ロボ

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: keio, robot, RobotCleaner, robots, station, train, transportation
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents