楽天ペイアプリに「楽天Edy」が統合。ただし残高は別管理

おサイフケータイ対応のAndroidのみ。つまりショートカットが付いただけ

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年02月6日, 午後 03:40 in android
86シェア
楽天ペイ
スマホ決済アプリ「楽天ペイ」に電子マネーの楽天Edyが統合されます。2月5日に開始したAndroid版楽天Payアプリのアップデートを適用すると、おサイフケータイ対応スマートフォンでEdy払いができるようになります。

Edyはもともとプリペイド型の電子マネーのため、楽天ペイアプリから利用する場合も事前のチャージが必要。楽天Edyの残高は、コード支払いで使える楽天キャッシュの残高とも別管理となります。

つまり、今回の"統合"は"楽天ペイアプリからおサイフケータイ楽天Edyの機能が呼び出せるようになった"という点にとどまっており、残高は楽天ペイ(コード払い)と楽天Edyで別建てということになります。

楽天Edyの残高は店頭での現金チャージが可能ですが、クレジットカードでのチャージは楽天カードのみに対応。

一方でコード払いでは他社クレカでの支払いと、「楽天キャッシュ」での支払いに対応。楽天キャッシュへのチャージはクレジット(楽天カードのみ)か銀行口座(楽天銀行のみ)が利用でき、店頭での現金チャージはできません。

楽天では同機能の利用開始にあわせて、楽天ペイアプリからEdyを登録すると200円分の残高をプレゼントするキャンペーンを実施ししています。楽天の上級会員(シルバーランク以上)が対象で、終了日は未定となっています。

なお、楽天ペイでは2020年春にSuica機能を統合することも発表しています。

【2020年2月7日 17:24 追記】
楽天ペイメントは、将来の楽天キャッシュと楽天Edy残高の統合について「お客様のニーズを鑑みさまざまな改善を検討しておりますが、現時点で具体的に伝えられることはありません」と説明しました。また、今春に実装されるSuica機能についても、楽天ペイのコード払い残高(楽天キャッシュ)や楽天Edyの残高とは別になります。ただし、どの残高についても楽天カードからのチャージが可能となるとしています。

関連:楽天ペイから「Suica」発行可能に、2020年春

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: android, app, edy, payment, rakuten, rakutenedy, rakutenpay
86シェア

Sponsored Contents