楽天モバイル、MWC 2020への出展を取りやめ。新型コロナウイルス影響

顧客や従業員の安全を最優先

Rintaro Kaneko
Rintaro Kaneko
2020年02月12日, 午後 12:20 in MWC
25シェア
Rakuten

楽天モバイルは、スペイン・バルセロナで2月24日〜27日に開催される携帯見本市「MWC Barcelona 2020」への出展を取りやめると発表しました。

出展中止の理由について楽天モバイルは、「世界中で感染が拡がる新型コロナウイルスによる影響を鑑み、顧客やビジネスパートナー各社、楽天の従業員の安全を最優先した」と説明しています。

楽天モバイルは元々、完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークに関する内容を出展する予定でした。同社広報は、今後どのようにして出展内容を発信をするのかについて「現在検討している段階。決まり次第発表する」とコメントしています。

MWCへの出展を巡っては、2月10日にNTTドコモが出展中止を表明したばかり。大手家電メーカーのソニーやLGエレクトロニクス、さらにAmazon、インテルといったIT巨人たちも参加中止を表明しており、このまま出展取りやめの流れが拡大するとイベントそのものの開催が成立するのかも心配になってきそうです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: MWC, rakuten, rakutenmobile
25シェア

Sponsored Contents