Google、カジュアルゲームプラットフォームGameSnacks発表

低スペック端末でも快適にプレイ可能

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年02月14日, 午前 11:30 in gaming
85シェア
GameSnacks
Googleの実験プロジェクトラボであるArea 120は、世界中のあらゆるネットワークにつながったスマートフォン上でHTML5ゲームをより使いやすくすることを目標に、カジュアルゲームプラットフォーム「GameSnacks」を発表しました。

Facebookには、カジュアルゲームをプレイできるFacebook Gamingがありますが、GameSnacksはそれに対抗するもので、ちょっとした隙間時間に手軽に遊べるゲームが集められています。

とはいえ、一般的なウェブゲームも新興国などで使われることの多い、回線が遅く低スペックな端末では読み込みに時間がかかります。その点、GameSnacksのゲームは1Mbpsより遅いネットワークにつないだRAMが1GBしかない端末でも、数秒でロードできるとしています。

また、すべてのタイトルはタッチ操作のほか、マウスやキーボードからの操作にも対応しており、スマートフォンだけではなくPCのブラウザ上からでも気軽に遊べます。

なお、インドネシアなど東南アジアでは、配車サービスのほか、食料品の配送や公共料金の支払いなども行えるスーパーアプリGojekと提携し、アプリ内からGameSnacksを利用可能とのこと。

Gamesnacks

ゲーム自体はGoogle自身が手がけているわけではなく、既存のHTML5ゲームデベロッパーと提携しています。GoogleはGameSnacksへの登録を開発者へ呼びかけており、今後、より多くのゲームが追加されることを期待できそうです。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: area 120, games, gamesnacks, gaming, gojek, google, html5, internet, mobile, smartphone, web, web games
85シェア

Sponsored Contents