シャープが5G全力宣言、AQUOSスマホは今後2年ですべて5G対応に

2年後の5Gスマホの最廉価モデルはAQUOS sense3 lite並みの価格に?

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年02月17日, 午後 07:50 in 5G
62シェア
AQUOS

2月17日、同社初の5G対応スマートフォン「AQUOS R5G」と「5Gモバイルルーター」を発表したシャープ。その発表会において「2021年度中にすべてのAQUOSスマートフォンを5G対応にする」と宣言しています。

これは、フラッグシップ製品だけでなく、低価格なスマートフォンも5G対応にしていくという意思表示で、シャープ 通信事業本部長の中野吉朗氏のプレゼンテーションにて示されました。ここでの「2021年度」は2022年3月までを指すため、「2年後のAQUOSスマホのラインナップは全機種で5Gを標準サポートする」と読み替えても問題はないでしょう。

AQUOS

気になるのは、5Gに対応することで、スマホの価格がさらに上昇してしまわないかという点。これについてはシャープのスマホ開発チームを統括する小林繁氏が以下のように回答しています。

小林氏「低価格帯の商品も基本的には5Gにしていきたい。スマホのトレンドによって、価格帯をどの程度にできるかは代わってくると思うが、5Gに切り替えるからにはスマートフォンAQUOS のすべての機種で5G対応を入れていきたい」

4G LTEスマホの現状をみると、スマートフォンAQUOSの現行製品の中でも低価格なAQUOS sense liteは2万円台前半で販売されています。一方で、現行の5Gスマホで低価格帯モデルの例を挙げると、サムスン製のGalaxy A51 5Gは一部の国で3万円台後半という価格設定になっています。

現状の4G LTEスマホの価格帯と5Gスマホの価格帯にはまだ開きがありますが、チップセットの進化や製造コストの低減などを踏まえると、2年後ならあり得ない価格ではなさそうです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: 5G, Android, AQUOS, mobile, smartphone
62シェア