Apple TV+、スピルバーグ監督の『Amazing Stories』初の予告編を公開。3月6日配信開始

お待たせいたしました。お待たせしす…(監督違い)

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年02月18日, 午後 12:00 in AV
36シェア
Apple

アップルの動画ストリーミングサービスApple TV+発表時に公表されたタイトルのひとつ、スティーブン・スピルバーグ監督の『Amazing Stories』予告映像が公開されました。1985年にTVシリーズとして制作された『世にも不思議なアメージング・ストーリー』のリブート作で、3月6日より配信を開始する予定です。全10話で構成される『Amazing Stories』が米Appleとともに制作されるという話が初めて伝えられたのは2017年のことでした。その後2018年にはショーランナーのブライアン・フラーが離脱するなどちょっとしたゴタゴタもあったものの、2019年3月のApple TV+の発表ではスピルバーグ監督も登壇し、撮影完了間近とも伝えられていました。

2019年11月のApple TV+サービス開始には間に合わなかったものの、3月6日からの配信が決まり、今回の予告編映像の到着はファンの期待感をさらに1レベル押し上げるものと言えそうです。

Apple TV+の現状の課題は期待作の不足かもしれません。『ザ・モーニングショー』はゴールデングローブ賞にノミネートされ、全米映画俳優組合賞女優賞をジェニファー・アニストンが受賞するなど大きな成功をおさめたものの、その他では『フォー・オール・マン・カインド』といった注目作もありつつ、全体としては話題にのぼる作品が少ないようにも感じられます。

そこへのスピルバーグ監督作の到着はApple TV+界隈を活気づけ、続く作品とともに今年後半に無料視聴期間を終える視聴者の定着に貢献することが期待されます。
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: Amazing Stories, apple, apple tv, apple tv+, AV, entertainment, internet, programming, steven spielberg, streaming, television, tv, video
36シェア