ポケモンGO:No.632 アイアント入手方法・色違いと弱点・対策 (大人のポケモン再入門ガイド)

東半球の地域限定ポケモン

Engadget JP Pokedex Team (ポケモン図鑑編纂室)
22シェア

Engadget
最先端のモバイルARと、世代を超えて人気のポケットモンスターが融合したポケモンGO。久々にポケモンを遊ぶ元トレーナーや、これが初めてのポケモンゲームというかたに向けて、要点だけをまとめた大人向け「ポケモン図鑑」です。

今回はむし・はがねの複合タイプの「アイアント」。

pokedex

「大人のポケモン再入門ガイド」一覧ページはこちら

Engadget
No.632 アイアント

全国図鑑番号:No.632 (イッシュ地方・第五世代)
初出:『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』 ニンテンドーDS 2010年
分類:てつアリポケモン
英語名:Durant

図鑑の解説

「鋼のよろいを身にまとう。天敵のクイタランの攻撃を集団で防ぎ反撃する。」

ゲーム内データ

進化:なし
色違い:未実装
タイプ:むし/はがね
天候ブースト:雨、雪
弱点:ほのお(×2.56)
耐性:くさ・どく(×0.391)ノーマル・エスパー・こおり・ドラゴン・フェアリー・むし・はがね(×0.625)
種族値:HP151・攻撃217・防御188

アイアントの入手方法(2020年1月時点):

・5kmたまごから孵化
・野生でごくたまに出現
東半球限定ポケモン。 日本で捕獲できます。

アイアント対策ポケモン:

番号 名前(おすすめ技の例)

609 シャンデラ(ほのおのうず / オーバーヒート)
146 ファイヤー(ほのおのうず / オーバーヒート)
136 ブースター(ほのおのうず / オーバーヒート)
257 バシャーモ(ほのおのうず / ブラストバーン)

アイアントはほのおが2重弱点のため、ほのおタイプの強力なアタッカー、シャンデラ、ファイヤー、ブースター、バシャーモなどがおすすめ。どのポケモンもアイアントが使うむし、はがねタイプの攻撃に耐性もあるので終始有利にバトルを進行できます。

ポケモンGO:No.146 ファイヤー入手方法と対策
ポケモンGO:No.136 ブースター入手方法・色違いと対策
ポケモンGO:No.257 バシャーモ入手方法・色違いと対策

※バシャーモの「ブラストバーン」はレガシー技(現在は新規に覚えられない技)です。

アイアントのバトル評価:不向き

(主にレイド・ジムバトルでの評価です)

アイアントはほのおタイプ以外に弱点のないポケモン。耐性も多いのですが、能力値が高くないためバトルには不向きです。バトルに活躍させたい場合は、エスパー、フェアリータイプのポケモンとは有利に戦えます。

おすすめ技構成:

むしくい(むし) /シザークロス(むし)
メタルクロー(はがね) /ストーンエッジ(いわ)

アイアントといえば:

・日本を含む東半球限定ポケモン(2019年9月時点)。
・設定上は「クイタラン」(西半球限定)が天敵。
・むし+はがねタイプはアイアントのほかフォレトス、ハッサム、ミノマダム、シュバルゴなど。アンアントと同じイッシュ地方・第5世代では、幻のポケモン「ゲノセクト」も同じ複合タイプ。

最新のポケモンGOニュース一覧

Pokemon GO

ポケモン公式のタイプ相性表。ざっくり言うと「ばつぐん!」が約1.6倍。2タイプで両方が弱点(二重弱点)の場合は約2.5倍。(例:「こおり・ひこう」のフリーザーに対して「いわ」で攻撃)

耐性は「いまひとつ」が約0.63倍。「効果がない」はポケモンGOでは約0.4倍に軽減されるもののダメージが通ります。

pokedex

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: 632, 632Durant, pokedex, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
22シェア