月額500円で家族みんなが利用できる「au自転車サポート」4月1日提供開始

東京都の自転車保険の加入義務条例にも対応

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年02月20日, 午後 04:20 in bike
35シェア
Engadget
KDDIは4月1日から、「au自転車サポート」の提供を開始します。提供開始に先駆けて、3月1日から全国のauショップと一部のau取扱店にて事前申し込みの受付を開始します。利用料金は月額500円(税別)です。

au自転車サポートで、展開するサービスは下記のとおり。

■自転車ロードサービス
パンクや電動アシスト自転車のバッテリー切れなどの外出先での急なトラブルで、専門業者が現場へ駆けつけてユーザーが指定した
場所まで自転車を無料搬送。トラブル場所から20km以内は無料。

■自転車事故サポート
自転車で事故などを起こした場合、対応手順を電話でサポート。事故による自転車ロードサービスをあわせて手配可能です。電話だけでは解決できない場合などに専門スタッフが現場へ駆けつけサポートします。

■生活電話相談サービス
日常生活で起こる休日診療や健康に関する悩み、近隣トラブルなどの相談を電話にて各分野の専門家がアドバイスします。

これらのサービスに加えて、交通事故で加入者や家族が入院や死亡した場合の補償と、万一の時の経済的負担軽減をサポートする「au自転車サポート付帯保険」も提供します。

■au自転車サポート付帯保険
個人賠償責任補償:最大1億円 (示談代行サービス付き)
死亡・後遺障害保険金:100万円 (後遺障害第1~7級限定)
入院一時金:5,000円 (3日以上の入院の場合)
入院保険金:日額1,500円 × 日数 (最大180日)
手術保険金:7,500円または15,000円 (入院の場合)

同保険は、国土交通省が推奨する「個人賠償責任補償1億円以上」を満たした保険が付帯されていて、2020年4月から施行される東京都の自転車保険の加入義務条例にも対応しています。


入会条件は「au通信サービス契約中のユーザー」「個人契約のユーザー」「日本国内在住」の3点全てを満たす必要があります。また、家族のうち1人でも「au自転車サポート」に加入すれば会員はもちろん、その家族にもサポートを提供します。また、会員さえauユーザーであれば家族がauユーザーでなくてもサポートを受けることができます。

※会員本人またはその配偶者の同居の親族(6親等内の血族・3親等内の姻族)、会員本人またはその配偶者の別居の未婚(これまでに婚姻歴がないこと)の子

■関連リンク
au自転車サポート


​​​​​​​

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: bike, KDDI
35シェア