ソラコム、iPhone向けeSIM提供開始 欧州1か月10GBで約5000円

個人向けサービスに参入

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年02月21日, 午前 11:41 in mobile
75シェア
engadget
ソラコムが個人向けのeSIMサービス「Soracom Mobile」を本日(2月21日)に開始しました。世界42か国でeSIMによるデータ通信が可能。QRコードの読み取りは不要で、アプリ上の操作で購入からeSIM情報の書き込み、利用開始までを完結できます。対応デバイスはiPhoneのみ。

「Soracom Mobile」は、ソラコム初となる個人向けの通信サービスです。「ヨーロッパ」「北米」「オセアニア」の3プランを用意。最安はヨーロッパプランで30日間1GBで6.99ドル(約800円)、30日間10GBで42.99ドル(約5000円)で利用できます。北米プラン・オセアニアプランはそれより割高です。

engadget

対応端末は現時点ではiOS端末(eSIMに対応するiPhone XS以降のiPhone、iPad)のみ。App Storeから「Soracom Mobile」のiOSアプリをダウンロードして利用できます。

AndroidやWindowsのeSIMデバイスへの対応は、要望があり次第検討します。

engadget

engadget

これまでBtoBやBtoBtoCサービスを展開してきたソラコムですが、個人向けeSIMサービスを開始する理由について、eSIM対応デバイスの拡大を挙げます。担当者は『eSIM市場は立ち上がったばかりの赤子の状態。対応デバイスは2025年には20億台に達する』と語り、市場の立ち上がりに先手を打ちます。また、将来的にはエアラインなど、海外渡航に関連する事業者との協業も狙います。

今後はiSIM(SoCに組み込まれた書き換え可能SIM)などの対応も目指します。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: esim, ios, mobile, soracom
75シェア