Twitter「自分への返信」手順を簡略化。新規ツイート画面から過去ツイートを引出し表示

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年02月20日, 午後 02:00 in twitter
197シェア
Fabian Sommer/picture alliance via Getty Images
Twitterで、自分の少し前のツイートに絡んだ話をもう少しつなぎたいとき、まずはその元ツイートを探し出してそれに返信する必要があります...これまでは。

最新のTwitterでは、まず新しいツイートを記入し、それを下方向にドラッグすることで、過去のツイートを引き出し、つなげたい元ツイートを選べるようになります。
この機能追加はこれまでにできなかったことを追加するのではなく、できていたことをやや便利にした程度の軽微なものです。とはいえ、たとえばイベントなどであるツイートに関する追加情報を順次ツイートするケースや、過去のツイートが気になって訂正を入れることが多い人などにおいても、その作業負担軽減に一役買いそうな改善です。

なおこの機能はロールアウト形式で展開しているのか、記事執筆時点においては、手もとの環境ではまだ利用できませんでした。ただTwitter上ではすでに、日本国内で使えている人も複数見られます。早く試してみたいのにまだ来ないとお思いの方はもう少しだけお待ちください。

ちなみに、この機能の追加をアナウンスする公式のツイートに対しては「ツイートそのものを訂正する機能を付けて」とTwtterが普及し始めた当初と変わらぬ要望が投げかけられていました。この件に関してTwitterは、ツイートはリツイートされたりウェブサイトにシェアされるため、自由に編集できてしまうと引用先での意味合いに齟齬が生じる可能性があるなどの問題があるとして、これまで方法を検討しつつも実現していません。

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: gear, internet, mobile, social media, social network, social networking, twitter, video
197シェア