Movboi、RAM倍増のスマートウォッチ「TicWatch Pro 2020」を海外発表

見た目は変わらず

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年02月21日, 午後 03:00 in wearables
41シェア
Ticwatch Pro 2020
日本でもスマートウォッチやイヤホンなどを販売する中国のウェアラブル端末メーカーMobvoiが、新しいスマートウォッチ「Ticwatch Pro 2020」を海外発表しました。米国では3月発売とのことですが、英Amazonではすでに販売が開始されています。

新型といっても、デザイン自体は2018年に発売されたTicWatch Proそのまま。中身に若干のアップグレードが施された、リフレッシュモデルとなるようです。

Mobvoi Ticwatch pro 2020

まず変わった点として、RAMが512MBから1GBに増量。これまで以上に高速なパフォーマンスを実現したとしています。また、IP68の防水防塵はこれまで通りですが、あらたに米軍の調達規格MIL-STD-810Gに対応しました。とはいえ、デザインなどに変更はないので、これまでと同等ながら、正式にテストを行ったということなのかもしれません。

TicWatch Proは、AMOLEDとモノクロLCDの2種類の画面を搭載し、これを使い分けることで最大30日持つバッテリー寿命が大きな魅力ですが、この仕様もそのまま踏襲しています。

なお、SoCは前モデルと変わらずSnapdragon Wear 2100を搭載。リフレッシュ版とはいえ、2020年に発売する新モデルにしては、やや古く感じますが、その分、米国での価格は260ドル(約2万9000円)とハイエンドなスマートウォッチとしては格安になっています。
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: amazon, fitness tracker, fitness tracking, gadgetry, gadgets, gear, mobvoi, smartwatch, TicWatch Pro, Wear OS, wearables
41シェア