ソニー新スマホ「Xperia 10 II」発表、Xperia 1同等仕様の普及帯モデル

日本でも展開予定

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年02月24日, 午後 04:45 in accessory
278シェア
Engadget
ソニーモバイルは2月24日、最新スマートフォン「Xperia 10 II」のグローバル版を発表しました。前モデルとなる「Xperia 10」は日本では未発売でしたが 、Xperia 10 IIは日本を含む各国で展開予定です。同時に発表されたフラグシップモデル「Xperia 1 II」に次ぐ、ミドルレンジモデルとして展開予定です。

ディスプレイは6インチの有機ELで、画面比率は21:9です。動画再生時はソニーのBRAVIAブランドで培ってきた画質最適化技術を搭載しています。縦長な比率を活かした「マルチウィンドウ」機能にも対応し、「21:9マルチウィンドウスイッチ」によって上下別でアプリの切り替えをスムーズに実行可能です。

Engadget
カメラは、2019年に発売されたフラグシップモデル「Xperia 1」と同じ構成のレンズを採用。標準の26mm(12MP PDAF)、望遠の52mm(8MP)、超広角の16mm(8MP)の3眼構成となっています。

このように、大まかなハードウェアはXperia 1と同じですが、SoCはSnapdragon 600番台にグレードダウン。また、センサーやソフトはコスト面を考慮したXperia 10 II独自の仕様となっています。

Engadget
ディスプレイと背面にはゴリラガラス6を採用し、カラバリは上記写真左からBlue、White、Black、Mintの4色。背面の透明感を活かしたフレッシュなカラーを採用しています。

Engadget
▲イヤホンジャックも搭載しています。ハイレゾ再生に対応しており、圧縮音源をアップスケーリングする「DSEE HX」機能も備えています。


Xperia 1の21:9ディスプレイに惹かれていても価格的に中々手が出せなかった方にとってはとても魅力的なミドルレンジモデルでしょう。日本でどれくらいの価格帯で展開されるか注目したいところです。

■Xperia 10 II主要スペック
サイズ:157 x 69 x 8.2mm
重さ:151g
ディスプレイ:6.0インチ、21:9 FHD+ OLED
チップセット:Snapdragon 665 Mobile Platform
ネットワーク:4G 3CA
対応バンド(グローバル版):1, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 20, 28, 38, 39, 40, 41M
メモリ: 4GB
ストレージ:64、128GB
メインカメラ:26mm(12MP PDAF)、52mm(8MP)、16mm(8MP)
インカメラ:8MP
オーディオ機能:HI-Res対応、LDAC、DSEE HX
バッテリー:3,600mAh
防水防じん:IP65/68
充電ポート:USB Type-C
カラバリ:Blue、White、Black、Mint
Engadget
Xperiaの純正カバーとしてすっかりお馴染みとなった「Xperia 10 II Style Cover View」も発売予定。Xperia 10 IIと同時発売予定で、価格はオープンです。カバーを閉じたままで通知や日時の確認が可能なことが特徴です。カラバリは本体と同じくBlue、White、Black、Mintの4色をラインアップしています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: accessory, android, smartphone, sony, Xperia 10 II
278シェア