ソフトバンク、アメリカ放題を無料化 T-Mobile・AT&T回線にも対応

大幅刷新

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年02月25日, 午後 06:48 in mobile
0シェア
engadget
ソフトバンクは、日本で契約中の料金プランのまま、米国で通話やデータ通信が行える「アメリカ放題」を3月7日に改定します。

新たな「アメリカ放題」では、従来iPhoneおよびiPadとしていた対象機種に、全てのソフトバンク機種に拡大。米スプリント以外のT-Mobile USA、ATT、Union、CLARO PUERTO RICOにも繋がるようになり、快適性が向上しています。

また、月額980円だった手数料も無料化。申し込みも不要なため、ソフトバンクユーザーは米国内において、料金やネットワークを気にせずに、通話やデータ通信を楽しめるようになります。

詳細は下記の通りです。

<対象機種

iPhone、iPad、スマートフォン、タブレット、ケータイ、モバイルWi-Fiルーター

<利用可能エリア

アメリカ本土、アラスカ、ハワイ、プエルトリコ、バージン諸島(アメリカ領) ※グアムやサイパンなど一部地域を除く


 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: mobile, softbank
0シェア