Virgin Galactic、宇宙旅行優先権のデポジット受付開始。ひとり1000ドル、返金可能

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年02月26日, 午後 02:40 in Space
51シェア
Virgin Galactic

宇宙観光業の実現を目指すVirgin Galacticが乗船を希望する顧客の「確約」を得るための"One Small Step"プログラムを開始しました。このプログラムでは真剣にVirgin Galacticの宇宙船SpaceShipTwoで宇宙へ行きたいと考える予約者に対し、返金可能な1000ドルのデポジット(預かり金)を求める代わりにチケット販売の優先権を与えます。
Virgin Galactic CEOのGeorge Whitesides氏は、2014年の墜落事故の発生以来停止されていたこの宇宙観光ツアーのチケット販売を「今年中に再開する」と1月に発言しており、商業運行が開始される日も近づきつつあるようです。

Virgin Galacticはすでに603件ぶんの予約金が支払われており、その多くは20万~25万ドルで販売されました。またオンラインによる予約登録はおよそ8000件に上っています。

ただ、リチャード・ブランソン卿(本人も予約者のひとり)の宇宙企業は、One Small Stepプログラムを提供する理由を詳述していません。Whitesides氏は最近、商用飛行の搭乗費用が25万ドルから大幅に引き上げる可能性があると発言しました。Virgin Galacticは2019年の第4四半期の純損失が前年同期の約4600万ドルから約7300万ドルにまで膨れ上がっており、このことがOne Small Stepプログラムの開始に関係していると言えるかもしれません。

とはいえ、予約希望者からひとりあたり1000ドルを集めたところで損失は埋まりません。おそらくはその後の、商業運行開始の暁に搭乗費用全額を支払ってくれる顧客をしっかり確保するのが狙いと言えそうです。

ちなみに、Virgin Galacticの宇宙旅行は日本でも取り扱う旅行代理店があります。お金が余って余って仕方ないという方なら、暇つぶしに宇宙へ行ってみるのも良いかもしれません。


TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: gear, one small step, space, space tourism, spaceflight, transportation, travel, virgin galactic
51シェア

Sponsored Contents