Facebookが新型コロナ関連の広告ルールを強化、過剰アピール広告を締め出しへ

日本でもいろんな騒動が起こっています

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年02月27日, 午後 06:30 in facebook
41シェア
502956292020年2月26日(現地時間)、Facebookは新型コロナウイルスに関連する広告のルールを強化したと発表しました。ウイルスを確実に防ぐといった過剰なアピールの広告や、早急に対応しないと恐ろしいことになるといった、恐怖心をあおる広告を禁止するのが目的だとしています。

Facebookは世界保健機関(WHO)のサポートを明言しており、1月には新型コロナウイルスに関する誤った情報をチェックし、削除することを発表していました。今回のルール強化も、そうした誤った情報が拡散するのを防ぐ取り組みの一環です。アメリカではFacebookのユーザーがSNS上の情報を参考に、医療用マスクを大量に購入するといった事態も発生しており、医療従事者にマスクが行き渡らない可能性が示唆されています。また一方で、一部の販売業者がマスクの価格を釣りあげて販売するなど、さまざまな問題が発生しています。

日本でもマスクの買い占めや販売価格の高騰など、まさに同じような問題が起こっていますが、今回のFacebookの取り組みはこうした過剰な動きの抑制につながるかもしれません。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: coronavirus, COVID-19, facebook, medicine, security, sns
41シェア