三井住友「Visa プリペ」がGoogle Pay/Apple Pay両対応に

カードデザインも刷新

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年03月2日, 午前 11:45 in payment
0シェア
Visa プリぺ
三井住友カードは、プリペイド型のVisaカード「Visa プリぺ」をリニューアルしました。デザイン刷新にあわせ「Google Pay」に新たに対応します。

先日の三井住友VISAカードのデザイン変更に続くもので、今回はカード作成時の審査が不要で6歳から持てるプリペイドカードが対象です。新デザインのカードは3月2日より新規発行するほか、既存のカードユーザーには更新や再発行のタイミングで提供します。

新デザインのVisa プリぺはシルバーを基調としたスタイリッシュなデザインを採用。カード番号や有効期限、セキュリティコードは裏面に記載されています。

Visa プリぺ

これまでと同様にNFCチップを搭載し、カードを店頭端末にかざして決済する「Visaのタッチ決済」が利用できます。

そして3月2日からはGoogle Payにも新たに対応。おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォンで、Google Payアプリに登録することで、電子マネー「iD」として残高から支払いできます(旧デザインのカードでも利用可能)。

なお、Visa プリぺはApple Payもサポートしており、iPhoneでもiDとして利用できます。

Visa プリぺは発行手数料・年会費無料。残高のチャージもVJA加盟社のクレカやセブン銀行ATM、ローソン店頭といった方法を利用すれば、手数料無料で行えます。

関連:三井住友カードが30年ぶり刷新。Visaタッチ決済を標準搭載、20%還元も


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: ApplePay, cashless, GooglePay, mobile, payment, prepaid, smbc, visa, Visa payWave
0シェア

Sponsored Contents