サンワサプライからカセットテープをデジタル変換できるプレーヤーが発売

あまり使うことのない単二乾電池4本でも動きます

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年03月2日, 午後 05:30 in Gadgets
0シェア
sanwaサンワサプライから、カセットテープを再生・デジタル変換できるプレーヤーが発売されました。

他にも同様の機能を持つ製品はありますが、本製品の特徴はなんといってもその見た目。テープが回転している様子が見られるデッキ、ガチャッと押し込むスイッチと、なんとも懐かしい形状です。持ち運び用の取っ手もいい味を出しています。

カセットテープをデジタル変換したい場合は、USB端子にUSBメモリーを差し込み(本体にデータ保存はできません)、テープを再生すると同時にUSB録音ボタンを押します。これだけでそのテープの内容がデジタルデータに変換され、USBメモリーに保存されます。


もちろん、カセットテープやUSBに保存したデータを再生するプレーヤーとしても利用できます。また、内蔵マイクや外付けマイクを使えば「カセットテープに音声を録音」することも可能。デジタル音源とはひと味ちがうアナログ感を楽しむのもアリでしょう。

電源は、別売りの単二乾電池4本かACアダプターの2種類。乾電池使用時は、テープ再生・録音で11時間、USB再生で8時間駆動するとのこと。

sanwa

USBメモリーは32GBまで対応。カセットテープは90分以下のノーマルポジション(TypeI)のみ。クロム(TypeII)、フェリクロム(TypeIII)、メタル(TypeIV)には残念ながら対応していないとのこと。

価格は6980円(税込み)。録音内容を大事に取っておきたいテープがあれば、この機会にデジタル化しておくのがいいかもしれまん。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: cassette tape, Gadgets, sanwa, SanwaSupply, usb
0シェア