楽天モバイル、MVNOの新規受付を4月7日で停止。自社回線の本格スタートにあわせ

既存ユーザーには当面提供

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2020年03月3日, 午後 04:35 in au
0シェア
FacebookTwitter
楽天モバイル
既報の通り、楽天モバイルは、4月8日に自社回線での商用サービスを開始すると発表しました。現在提供しているNTTドコモ網・au網のMVNOサービスは、その開始前日にあたる4月7日に新規の受付を終了します。

楽天モバイルでは既存ユーザーにも自社回線サービスへの移行を促す考え。自社回線の料金プランは月額2980円と、現在提供中のMVNO料金の水準に揃えています。

ただし楽天自社回線サービスは、楽天が自前で基地局を設置するサービスエリア(当初は東名阪のみ集中展開)だけで使い放題となっており、そのエリアの外のauローミングエリアは月2GBまでの制限があります。またスマホも十数種類の指定機種のみとなっていて、iPhoneなどは使えません。

こうした要因もあり、楽天は既存のMVNOユーザーに対し、当面はサービス提供を続ける移行を示しています。楽天モバイルの山田社長は「MVNOサービスの提供終了時期はお客様の移行のスピードにもよるため明言できないが、ご迷惑をかけないように進めていきたい」と述べています。

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: au, MVNO, NTTdocomo, rakuten
0シェア
FacebookTwitter