法人は2か月無料のモバイルルータ「THE WiFi」提供開始、WiFiスポットも使い放題

個人よりも法人の方が「お得」

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年03月4日, 午後 02:40 in free
0シェア
smamoba-wifi

スマートモバイルコミュニケーションズは、最大2か月間は無料で使えるモバイルWiFiルーターサービス「THE WiFi」の提供を開始します。本日(3月4日)より同社サイトにて申し込みを受け付けます。

THE WiFi は、クラウドSIM技術を使ったサービスで、データ通信容量の制限はありません。国内では、NTTドコモ・au・ソフトバンクといった携帯大手3社のネットワークを利用し、海外132か国での利用も可能です。

国内の月額料金プランは2種類あり、「THE WiFi」は3か月目まで362円(税抜、以下同)の割引が適用され3480円に、4か月目以降は3842円です。また、国内15万か所以上のWiFiスポットが使い放題となります。

「THE WiFi ライト」は一律3480円で、WiFiスポットは利用できません。

smamoba-wifi▲THE WiFi 国内の料金プラン

海外では1日あたり最大3GBまでのデータ容量を利用でき、東南アジアと一部の国(韓国・台湾・香港など)は、1日1GBあたり850円、その他の国は1日1GBあたり1250円です。

2020年3月末までに申し込みを完了した法人ユーザーは、最大2か月の基本使用料と契約時にかかる事務手数料が無料になります。

モバイルWiFiルーター端末は無料でレンタルでき、指定した住所への配送料も無料です。

smamoba-wifi▲THE WiFi の端末「U2s」

スマートモバイルコミュニケーションズは、THE WiFi のほかに、月額3480円でデータ通信が使い放題の「めっちゃWiFi」や、法人向けIoT用データ通信サービス「unio(ユニオ)」も提供しています。

同社代表取締役社長の鳥越洋輔氏は、4日の会見で「新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務やテレワークを推進する動きが強まっている」とした上で、「自宅やオフィスで光回線の工事をすることなく、ネットが使い放題になる点がポイント。新サービスが皆さんの生活を支えるツールになれば」と話しました。

また、将来は THE WiFi を5Gネットワークに対応させることを明らかにしました。

smamoba-wifi▲スマートモバイルコミュニケーションズ代表取締役社長の鳥越洋輔氏

使い放題を謳うモバイルWiFiルーターサービスは、すでに複数の事業者が「どんなときもWiFi」や「限界突破WiFi」などの名称でサービスを提供しています。各社は、通信料金や端末代を無料にするなどして、顧客の囲い込みを強化しており、今後さらに競争が激化する見込みです。

(更新:2020/3/4 16:31)見出し画像を差し替えました。
(訂正:2020/3/5 15:00)国内の料金プランについて誤った記述がありましたので、訂正しお詫び申し上げます。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: free, wifi, wifi router
0シェア

Sponsored Contents