HTC Vive Pro Eye が2万円超値下げ。視線追跡対応VRヘッドセット

瞬きと目線がほしい人に

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年03月4日, 午後 03:15 in eyetracking
0シェア


HTCが視線トラッキング対応VRヘッドセットVive Pro Eye を値下げしました。

新しい国内価格は、ベースステーション2.0 x2個とコントローラ付属の一式で16万2880円。従来より2万3000円ほど安くなりました。


Vive Pro EyeはHTCのプロユーザー向けVRヘッドセット Vive Pro のうち、視線トラッキングに対応したモデル。

アイトラッキングは注視を認識するユーザーインターフェースや、ゲームで視線ロックオン!といった分かりやすい用途だけでなく、注視点をもっとも高精細に、周辺視野を粗く描画することで、知覚上はどこを見ても高精細なグラフィックに見えるFoveatedレンダリング技術にも対応できます。もちろん、アバターの目の動きにそのまま反映することで自然な瞬きやアイコンタクト、流し目やバチッとウィンクが重要というユーザーもいるはずです。

Vive Pro Eye の主な仕様は、2880 x 1600 ピクセル有機ELディスプレイ(90Hz、視野角110度)、最大100平方メートルのルームスケールに対応するSteamVR 2.0トラッキング、一体化したヘッドホンなど。

アイトラッキングに対応しない Vive Pro も今年の1月に大きく値下げされており、スターターキットは9万9990円、通常セットは13万9545円。ヘッドセットのみのアップグレードキットは約7万円。

HTC VIVE Cosmos Elite予約受付開始。外部トラッキング対応の新VRヘッドセット

Viveではこのほか、新しいコンシューマー向けモデルCosmos シリーズの外部トラッキング対応セット Cosmos Elite も予約が始まっています。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: eyetracking, htc, htc vive, vive pro eye, vr
0シェア

Sponsored Contents