メルカリ、6万円の在宅勤務手当を社員に支給

作業環境構築やオンラインコミュニケーションへの活用を

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年04月8日, 午後 02:00 in business
0シェア
FacebookTwitter
engadget
メルカリは、東京・大阪・福岡オフィスを原則閉鎖する「完全在宅勤務体制」へと移行します。新型コロナウイルスの感染拡大による政府の緊急事態宣言を受けた措置となります。

これに合わせ、6万円(半年分)の在宅勤務手当を社員に支給。自宅での勤務環境構築や、オンラインコミュニケーションに活用してもらう方針です。

在宅勤務を巡っては、「水道光熱費が上がった」「作業環境構築のためモニタ購入などの負担が増えた」などの声もあり、手当の支給は社員に喜ばれそうです。同様の手当はGMOインターネットグループなども実施していて、在宅勤務によって上昇した分の光熱費を会社が負担することで、社員の在宅勤務をサポートしています。
 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: app, mercari, business
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents