格安SIM各社も新型コロナでデータ10〜30GB増量、IIJ・mineoなど

25歳以下が対象

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年04月8日, 午後 05:40 in mobile
0シェア
IIJ mineo Coronavirus

格安通信大手のインターネットイニシアティブ(IIJ)やオプテージ(mineo)は、25歳以下のユーザーを対象に、データ通信容量の追加にかかる料金を一部無償化します。

これは、新型コロナウィルス感染症の影響拡大に伴い、全国の学校などが休校になり、データ通信使用の増加が予想される遠隔授業やオンライン学習の利用を支援する措置です。

IIJは30GBのデータ容量を贈呈

IIJは、30GBのデータ容量をクーポンとして贈呈します。

対象は、3月末までに月3100円の「データオプション20GB」もしくは月5000円の「データオプション30GB」を契約し、継続利用している25歳以下のユーザーです。

mineoは10GB分までのデータ追加料金を無償化

オプテージは、mineoアプリまたはmineoマイページから、パケットチャージをした際にかかる料金を最大10GB分まで無償化します。

対象は、契約者もしくは利用者が25歳以下のユーザー。実施期間は4月1日から30日まで。ただし、チャージ1回あたりの上限容量は1GB、月間で15GBまでとなります。

通信料金の一部無償化は大手キャリアも発表済み

遠隔授業やオンライン学習の利用を支援する措置については、すでにNTTドコモなど大手通信3社やサブブランドのUQモバイルとワイモバイルが実施しているほか、KDDI傘下のビッグローブもチャージ料金を最大20GBまで無償化すると発表しています。

なお、総務省も各通信事業者に対し、携帯電話の通信容量制限等について柔軟な措置を講じるように要請しています。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: au, biglobe, coronavirus, data, docomo, iij, internet, kddi, mineo, mobile, softbank
0シェア