4K対応のデュアルHDMI端子を搭載したASUSの小型ベアボーン「Mini PC PN60」をレビュー

ポータブルPCとして使うのもアリ

中山智 (Satoru Nakayama)
中山智 (Satoru Nakayama), @yenma
2020年05月21日, 午後 08:45 in PC
0シェア
FacebookTwitter
Mini PC PN60

大きなデスクトップPCは、置き場所などの問題で難しい。かといってノートPCは長時間使用していると疲れる。そんなユーザーにオススメなのが、ASUSの小型ベアボーン「Mini PC PN60」シリーズだ。

Mini PC PN60

▲手のひらにのるサイズの小型ベアボーン「Mini PC PN60」

「Mini PC PN60」シリーズにはプロセッサーの違いで2モデルがラインアップされており、今回レビューするのは、プロセッサーに「Core i7-8550U」を搭載した上位モデルの「PN60-BB7088MH」で公式オンラインストアの直販価格で6万7091円(税別)。プロセッサーにCore i5-8250Uを搭載した下位モデルの「PN60-BB5087MH」は5万4364円(税別)となっている。

Mini PC PN60

▲キーボードやポインティングデバイス、ディスプレーと組み合わせた状態

インターフェースは、本体前面にオーディオジャック、Type-C×1、USB3.1×1、USB2.0×1を配置。背面はType-C×1、USB3.1×2、有線LANが用意されている。最大のポイントは映像出力で、HDMI端子を2つ搭載。さらにType-CはDisplay Alt modeに対応。手のひらにのるようなコンパクトなサイズながら、単体で最大2画面までのマルチディスプレーに対応している。

Mini PC PN60

▲本体前面にもType-C端子を装備

Mini PC PN60

▲本体背面には4K出力も可能なHDMI端子を2つ搭載

ベアボーンキットなため、HDDやSSDといった内蔵ストレージとメモリーは搭載しておらず、OSも付属していないため、別途購入が必要。内蔵ストレージは、M.2スロット (Type M 2242/2280)×1とSATA 6Gb/s ポート (2.5インチ7.5/9mm対応) ×1の2つ。メモリーはDDR4 SO-DIMMスロット×2となっており、最大32GBまで増設可能。

内蔵ストレージとメモリーの装着は、本体底面のカバーを外してアクセスする。4本のネジを外して、底面カバーをスライドさせるだけなので簡単。底面カバーは2.5インチのSSDケースにもなっており、底面カバーにSSDを装着してカバーを付ければ、そのままコネクターに接続される設計だ。

Mini PC PN60

▲本体底面のネジを外して内部にアクセス

Mini PC PN60

▲メモリーは2スロット

Mini PC PN60

▲M.2スロットも用意されている

内蔵ストレージやメモリーの装着、さらにOSのインストールにはある程度パソコンの知識は必要だが、パーツさえあれば必要な工具は底面カバーを外すためのドライバーだけなので、難しくはない。USBメモリーからWindos 10のインストールを行ったが、1時間ほどでセットアップは終了。各種アップデートも含めると、2時間ほどで完了した。

Mini PC PN60

▲背面カバーがSSDケースにもなっている

また、製品にはドライバーなどを収めた光学ディスクも付属するが、Windowsを最新バージョンまでアップデートすれば、デバイスマネージャーにエラー表示もなくなり、ドライバーなどのインストールも特に必要はなさそう。ただしASUSオリジナルのユーティリティーソフトなどもあるので、本格的に使用する場合はインストールしておいたほうが良さそうだ。

各種ベンチマークの計測結果は下記のとおり。SSDやメモリーは筆者がいわゆるあまりパーツとしてて持っていた予備の製品(SSD:128GB/メモリー:4GB)のため、本来のポテンシャルを引き出せてはいないかもしれないが、ビジネス用途で使うぶんには問題なし。

Mini PC PN60

▲CINEBENCH R20の計測結果

Mini PC PN60

▲PCMark 10の計測結果

本体サイズは約115(W)×115(D)×4.9(H)mm。手のひらの上に乗せられるほどコンパクトなので、設置場所に困らないのも◎。重量はSSDとメモリーを装着した状態で約554g。最近は持ち運び可能なモバイルディスプレーも数多く発売されているので、「Mini PC PN60」と組み合わせてポータブルPCとしてコワーキングスペースなどで使用するのもありだ。

Mini PC PN60

▲SSD・メモリーを装着した状態での重量は実測で約554g

Mini PC PN60

▲電源は287g

製品にはVESA規格対応マウントも付属しているので、ディスプレーの背面に設置可能。ちなみに起動時やアップデートなど負荷がかかったときはファンの回転音が気になるものの、アイドル時はそこまで気にならなかった。

Mini PC PN60

▲VESA規格対応マウントでディスプレーに装着して一体型にもできる

デュアルHDMIやDisplay Alt mode対応のType-Cなど拡張性が高く、ハイエンドのモバイルPCなみスペックなので、パワフルさも十分。テレワークなどで自宅でのPC作業時間が増えているユーザーがパソコンを探しているなら、候補の筆頭にあげたいPCだ。

ちなみにプロセッサーに「Core i3-8130U 」、メモリー4GB、HDD1TB、OSにWindows 10 Homeを搭載した完成品モデル「N60-B3095ZV」も7万7800円(税別)で発売されている。OSのインストールなどに自信の無いユーザーはこちらもオススメ。ただしHDMIは1ポートで、もう一方はD-Sub 15ピン出力となっている。

関連リンク:Mini PC PN60製品サイト

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: PC, Asus, reviews, news, gear
0シェア
FacebookTwitter