Image credit:
Save

「au WALLET スマートローン」で1週間秋葉原生活、ポイントも貯まって快適すぎた

au経済圏中心にグルメ・ショッピング・アクティビティーを満喫

PR
2019年6月3日, 午前11:00 in Au Pay
16シェア
0
16
0
0

Engadget 日本版の新人編集部員であるボク、田沢はある日編集長に呼び出されて「生活費をたっぷり出すから、1週間の実験に参加してくれない?」と提案されました。実験の内容とは以下の3つ。
  • ・生活費として「10万円」を支給するので秋葉原で1週間生活する
  • ・生活費は現金支給ではなく「au WALLET スマートローン」でお金を借りて、「au WALLET 残高」にチャージ。必要経費はすべて「au WALLET プリペイドカード」や「au PAY」で支払うこと
  • ・1週間の「au経済圏」で暮らしてみて、au WALLET ポイントがどれだけ貯まるか検証する
ちょうど金欠だったこともあり二つ返事でOK。生活費はなんと10万円! 実験ということなので、もしかしたら「やっぱキツイっす(涙)」という場面があるかもしれませんが、基本的に「au WALLET プリペイドカード」と「au PAY」が使えれば、生活に全く困らないはずです。

スマホだけで借り入れできる「au WALLET スマートローン」

Engadgetさて、1週間生活の軍資金となる10万円を「au WALLET スマートローン」で借り入れます。大きな特徴は以下の通りです。
  • ・auユーザー向けのサービスなので申し込み時の入力項目が少ない(すでにau IDとして登録した情報が反映されている)
  • ・申し込みは24時間・365日対応、スマホ上だけで完了できる
  • ・借り入れたお金は現金で引き出せるほか、直接「au WALLET 残高」にチャージできる
  • ・セブン銀行ATMを用いて現金の借り入れ、返済が可能 (セブン銀行以外の金融機関のネット口座も利用できる)
何はともあれ軍資金がないと生活や実験ができないので、まずは「au WALLET スマートローン」の新規申し込みの手順を追ってみましょう。

Engadget
「au WALLET スマートローン」は公式サイトと専用アプリの2種類からアクセスできます。ここでは専用サイトから進めていきます。まずは「新規お申込みはこちら」をクリック。au IDでログイン後、ローン会員規約を確認しましょう。問題なければ「同意します」を押して先に進みます。
Engadget

続いて個人情報の入力。氏名や住所などはau IDから自動入力されています。au ID情報にはない運転免許番号や住まい、勤め先など「必要項目」は抜けのないように入力していきます。他社からの借り入れ状況や、希望する利用限度額を申告しましょう。借り入れ金額の上限設定は最大50万円ですが、今回は上限20万円で申し込んでみました。入力から30分で無事審査に通ったので、最後に設定変更時に用いる重要なパスワード「秘密のことば」を設定します。

Engadget
ここまでが借り入れるまでの流れになります。本人確認と内容確認をするための電話が1本だけ来ましたが、それ以外はすべてウェブ上の操作だけで完了しました。

借り入れた10万円をau WALLET 残高に直接チャージ


審査も通り、申請どおり上限20万円まで借り入れ可能になったので、さっそく10万円を借り入れます。借り入れしたお金は、3種類の方法で受け取れます。
  • ・au WALLET 残高として直接チャージする
  • ・登録した金融機関のネット口座に振り込む
  • ・セブン銀行ATMから現金として引き出す

Engadget

今回は「au WALLET 残高」で1週間生活なので、借り入れた10万円をそのまま直接「au WALLET 残高」にチャージします。

「au WALLET スマートローン」の公式サイトか、専用アプリから借り入れボタンを押すと3種類の借り入れ方法が表示されるので、ここでは「au WALLET 残高にチャージ」を選びます。

借り入れは1万円単位です。10万円なので「10」と入力します。内容の確認をしたのち、問題がなければ申し込みボタンを押して完了。借り入れすると即時チャージ額に反映されて「au WALLET 残高」として利用できます。

今回の実験で重要な役割を果たす「au PAY」と「au WALLET プリペイドカード」についても説明しましょう。

「au PAY」とは?

Engadget
バーコードやQRコードをつかったスマホ決済サービスが「au PAY」です。「au WALLET アプリ」上に表示されるバーコードやQRコードを読み取ることで、対象店舗でのお買い物やお支払いに利用できます。コンビニエンスストアやドラッグストア、家電量販店、飲食店等、いろいろな街のお店で使えて、現在対象店舗拡大中です。

支払いは「au WALLET 残高」を利用できます。「au WALLET 残高」へのチャージは、今回の実験で利用する「au WALLET スマートローン」での借り入れからのチャージのほか、すでに貯まっている「au WALLET ポイント」、「auかんたん決済 (通信料金合算支払い)」、じぶん銀行、クレジットカード、auショップ・ローソン店頭など、さまざまな方法を選択できます。

また、「au PAY」でお買い物をすると、利用金額200円ごとに1ポイントのau WALLET ポイントが貯まります。au WALLET ポイントは1ポイント=1円として「au WALLET 残高」にチャージして利用することができます。普通に買い物をすると上記のとおり200円ごとに1ポイント貯まりますが、「ポイントアップ店」でのお買い物ならポイント還元率がアップします。

「au WALLET プリペイドカード」とは?

Engadget
auユーザー向けに発行されているプリペイドカードが「au WALLET プリペイドカード」です。基本的な使い方は一般的なプリペイドカードと同じで、使う前に現金やau WALLET ポイントを「au WALLET 残高」へチャージしてからお買い物などに利用できるようになります。

「au WALLET プリペイドカード」は全国のコンビニ・スーパーなど、「Mastercard®」加盟店で利用できるカードです。また、「au WALLET プリペイドカード」も「au PAY」と同じく、利用金額200円ごとに1ポイントのau WALLET ポイントが貯まり、1ポイント=1円として「au WALLET 残高」にチャージして利用できます。また「ポイントアップ店」でのお買い物ならポイント還元率がアップします。

つまり「au WALLET プリペイドカード」は、「あらかじめチャージしてから使えるプリペイドカード」と「多くの店で利用できるMastercard®」、さらに「お買い物でポイントが還元される」という複数のメリットを兼ね備えたカードなのです。

Engadget
▲「au WALLET 残高」はスマホ決済「au PAY」や「Apple Pay」でも使えます

「Apple Pay」に「au WALLET プリペイドカード」を設定して利用することも可能です。ユーザーごとに「au WALLET 残高」が一括管理されているので、プリペイドカード決済とスマホ決済で別々に管理する必要はありません。カードもアプリも同一の「au WALLET 残高」の残高内で使用可能なのです。


Engadget
「au WALLET スマートローン」で生活費を確保。「au PAY」と「au WALLET プリペイドカード」の理解もバッチリ。

おじいちゃんから「現金が最強」と聞かされてきた自分にはちょっと不安が残るのも事実ですが、オレンジ色に輝く「au WALLET プリペイドカード」と、スマホで使える「au PAY」だけを命綱に秋葉原での1週間がスタートしました!


部屋の操作はスマホから! IoT化されたホテルに滞在

&AND HOSTEL AKIHABARA


Engadget
まずは住むところ。節約のために漫画喫茶に何泊かする予定ですが、初日はリッチにホテルに泊まることに。ネットで検索したら面白そうなスポットが見つかりました。

「&AND HOSTEL AKIHABARA」は室内の家具をIoT機器で揃えているホテルです。IoT(Internet of Things)機器とは、簡単に言えばインターネットを介して操作できる機器のこと。例えばIoT対応のテレビやエアコンなら、電源のオンオフや設定操作などを手元のスマホやタブレット端末から行えるという感じです。

Engadget
チェックインすると、部屋のカードキーとIoT機器の操作用スマホも一緒に渡してくれます。

Engadget
部屋の中にあるIoT機器はテレビ、カーテン、エアコン、照明、アロマポット、空気清浄機。スマホで操作できない家具は冷蔵庫くらいしかない。

Engadget
カーテンや照明を個別に操作するのも面倒な人向けに、「おはよう」や「リラックス」といったおすすめプリセットも用意されてます。また、照明の色はカラーチャートから自由に設定できます。

Engadget
スマートスピーカーに話しかけると、カーテンの開け閉めはもちろん、シャワー室の利用状況やアメニティの価格といったホテル内の情報を教えてくれます。

auの通販サイトで自転車と時計を買ってみる!

Wowma!

Engadget
秋葉原からの通勤はタクシーでもいいですが、思い切って自転車を購入して健康的なライフスタイルに。「au WALLET プリペイドカード」が使えるauの通販サイト「Wowma!」で自転車を購入します。

au IDでログインし、Wowma!で購入すると、au WALLET ポイントが付与されます。ここで付与されたau WALLETポイントも「au WALLET 残高」にチャージし1ポイント=1円で利用することができます。

Engadget
通勤で使うので、"格安チャリ"にありがちな折り畳み小径ミニベロを漕ぐのは疲れるので避けたいところ。やっぱクロスバイクが良いですよね。Wowma!で探してみたらナイスな自転車を見つけましたよ!

Engadget
男心をくすぐるブルホーンハンドルとディープリム!変速はフロントシングル、リアはシマノ・ターニーの7速! つまりワンバイセブン(キリッ)。重量が14㎏ありますが、まあ価格相応でしょう。これで移動手段の憂いもナシです。

Engadget

Wowma!のトップページに「日替わりイベント」という毎日開催するセールがあります。「多機能スマートウォッチ」が掲載されていたので、ついでにポチっちゃいました。

Engadget
カロリー消費量や移動距離、心拍数が測定できるんですよ? チャリ通勤には必要ですよね(言い訳)。

「au PAY」の対応店舗の多さに助けられる!

松屋

Engadget
夕食は、牛丼チェーンかラーメンの2択で生活しているボクは、「au PAY」対応店舗の一覧を見て小躍りしました。大好きな「松屋」が対応していたのです。「"豚"ビビン丼生野菜セット」を大盛りでテイクアウトして初日の晩ごはんに。松屋の食券機は「au PAY」のQRコード決済に対応しています。スマホの画面をかざすだけで決済可能。支払い金額は690円。au スマートパスプレミアム会員のボクは、もらえるポイントが通常の3倍だから、au WALLETポイントが「9ポイント」貯まりました!

ビックカメラ AKIBA

Engadget
取材や打ち合わせなど外出が多い編集者という職業柄、電源の確保は重要です。外出時にモバイルバッテリーを忘れたことに気づいたので、移動の合間に慌てて「ビックカメラ AKIBA」で購入することに。セレン製の10000mAh、充電済みのモバイルバッテリーをチョイス。これぐらいの容量ならばスマホの充電はバッチリでしょう。

レジで店員さんに「au PAY」で支払う旨を伝えると、慣れた手つきでスマホのQRコードを読み込んで決済してくれました。支払い金額は3758円で、au WALLETポイントが「54ポイント」貯まりました。通常なら200円で1ポイントだから「18ポイント」貯まるところ、au スマートパスプレミアム会員だといつでも3倍のポイントがGETできます!

アプリのバーコードやQRコードをかざしたり、読み取ったりするだけでサッと支払える「au PAY」。秋葉原での生活が始まって早々に対応店舗のバリエーションが豊かなことの恩恵を受けました。

食事で困る場面は皆無、「au WALLET ポイントアップ店」を積極的に選択!

Q:食事はMastercard®対応店なら問題ないわけで、これなら楽勝じゃない?

A:そうです!

頭の中で自作自演のFAQが展開されるほど、飲食関連については全く困る場面がありませんでした。コンビニなら「au WALLET プリペイドカード」と「au PAY」が使えますし、飲食店の多くがMastercard®の加盟店ですしね。普通に食事するのも面白くないので、ここは「au WALLET ポイントアップ店」を利用してみました。ポイントアップ店とは、au WALLET利用時に貯まるWALLET ポイントが、通常より多く貰えるお店です。

ココス

Engadget

ファミリーレストランのココスは「au WALLET ポイントアップ店」のひとつ。「au WALLET プリペイドカード」での支払いだと「200円で3ポイント」付与されます。秋葉原には「神田明神下」交差点前にココス 秋葉原店があります。

ボリューミーに食べたい気分なので、今日は「ビーフハンバーグステーキダブル チェダーチーズ&ガーリックバター」のセットと「カリカリチェダーのシーザーサラダ(S)」「Aドリンクセット」をオーダー。


Engadget
ココスの何がいいって、お肉をプレートに載せてある焼き石で「自分で焼ける」ところです。ウェルダンが好きなので、最初から焼き石に乗せてジュウジュウ焼きます。チェダーチーズの濃厚なコクと、ガーリックの旨味の両方が楽しめるこのセットはかなりグッドです!

ドミノ・ピザ

Engadget
チーズ尽くしのメニューで申し訳ないですが、ピザ食べたいですよね! ドミノ・ピザも「au WALLET ポイントアップ店」です。デリバリー決済やオンライン決済はポイントアップの対象外なので店舗でテイクアウトする必要があります。ドミノ・ピザも「200円で3ポイント」付与されます。

秋葉原からの徒歩圏内の「ドミノ・ピザ淡路町店」に行って買うことに。ドミノ・ピザではお店のレジで購入することで、2枚買うと1枚が無料になる「お持ち帰り 2枚目0円」割引が使えます。

Engadget
1枚無料になるなら、ピザを2枚買うのは自然の摂理。1枚目は「スパイシー」と「ガーリック・マスター」のハーフ&ハーフ。2枚目は「エビマヨネーズ」と「ギガ・ミート」のハーフ&ハーフ。4つのテイストを楽しめて、支払いは1枚分だけとかヤバくないすか?チーズが冷める前に食べたかったので、取材スタッフみんなで公園ピザランチ!

急な現金支払いはセブン銀行ATMで対応

Engadget

秋葉原での1週間生活で唯一、現金が必要になった場面がありました。友人の結婚式があり、ご祝儀の用意をすっかり忘れていたのです。

チャージした「au WALLET 残高」から電子決済でご祝儀を!...というわけにもいかず。「au WALLET スマートローン」で現金を借り入れる場合はどうすればいいのかを実践できる機会なので、ご祝儀の現金5万円を借り入れてみることにしました。


Engadget
ここでは「au WALLET スマートローン公式スマホアプリ」で操作しています。現金を借り入れたい場合は「セブン銀行スマホATMでお借入れ」ボタンから進みます。暗証番号を入れたのち借入金額を入力します。ここでも1万円単位です。借り入れ金額を決定すると、QRコードを読み取るためのカメラが起動します。

Engadget
ここからセブン銀行ATMでの操作が加わります。ATM画面上部の「スマートフォンでの取引」ボタンを押すと表示される画面に大きなQRコードをスマホで読み取ります。

Engadget
読み取りに成功すると「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」という2種類の番号がスマホに表示されるので、その番号をATMに入力します。

Engadget
入力後、さらに「au WALLET スマートローン」の暗証番号をATMに入力。ATM画面に表示されている金額が、正しい借り入れ金額か確認します。これが最終確認なので、必ずチェックしてから確認ボタンを押しましょう。

確認ボタンを押すと借り入れ金額とATM手数料が表示され、明細書の有無を問われます。全ての確認が完了するとATMから現金を取り出せます。

Engadget
無事親友のご祝儀を用意することができました。

au WALLETは遊びでもフル活用。みんなで楽しめる!

1週間過ごすといっても平日は会社に行くので、秋葉原生活を満喫していたかといえば、ぜんぜん物足りないのが本音。土日はめいっぱい遊ばせてもらいます! 秋葉原には遊べる場所がいくらでもありますが1人で遊ぶのもの何ですし、取材スタッフも来るというので複数人で遊べる場所に行ってみることにします。

レトロげーむキャンプ 秋葉原店

Engadget

みんなが遊べる場所ですか......うーむ。取材陣は皆レトロゲーム好きなので、じゃあレトロゲームショップに行ってみようぜ! というノリでお店訪問です。


Engadget
1階は任天堂ハード系のソフトが並び、2階はNECやセガ、MSX、ネオジオのカートリッジや、CD/DVDといった光学メディアのソフトが多数揃います。10秒に1回は「俺これ持ってたわー」か「懐かしすぎる」といったワードが飛び出します。ぐるっと店内を見て、気に入ったソフトを1人1本ずつ買うことにしました。

Engadget
ボクはファミコン版「タッチ」。「ミステリー・オブ・トライアングル」という副題のネーミングセンスがグッときます。大人気漫画「タッチ」が原作の子犬を救出するという「アクションゲーム?」です。恋愛要素は全くありません。和也と達也がボールを投げて「敵?」を倒して行くので野球要素はバッチリです。

カメラマンさんは「コナミワイワイワールド」。これは2580円となかなか高価ですが「最高に面白いけど映画原作キャラがいるので、版権の関係でバーチャルコンソール等で配信されないんだ」と、価格付けにも納得のようです。

先輩編集部員はスーファミ版「かまいたちの夜」。様々なハードに移植され、リメイク版も多い本作ですが、その始まりはこのスーファミ版です。平成を代表する名作といっても過言ではないですが、遊べるハードが多いぶんお手頃価格でした。

ここではトータルで3650円の支払。もちろん、「au WALLET プリペイドカード」でお支払いです。

カラオケパセラ 秋葉原昭和通り館

Engadget
「カラオケパセラ 秋葉原昭和通り館」は、昭和レトロな駄菓子居酒屋として飲食でき、カラオケルームはアニメやゲームとのコラボルームが多数ある、パセラの中でも非常にユニークな店舗です。ですが、今回はカラオケが主な目的ではありません。名物メニューの「鍋パ郎」を食べるのが目的です。

「鍋パ郎」とは、パセラ 秋葉原昭和通り館のオリジナルフードメニューでいわゆる「二郎インスパイア」なラーメンです。お鍋にラーメンを入れるスタイルは本家のラーメン二郎でも可能ですが、マニアでも「鍋二郎」は未体験という人が多いです。その幻の「鍋二郎」の味と雰囲気を気軽に体験できるのがパセラの「鍋パ郎」です。

大食いチャレンジメニューでもあり、1人で3倍「鍋パ郎」を30分で食べきれば無料らしいのですが、我々はノーチャレンジ。みんなでシェアしながら鍋パ郎パーティーです。取材スタッフは3人いるから、5倍盛りの「鍋パ郎」でいきます!

Engadget
待つこと数分、炊き出し鍋のようなデカい5倍「鍋パ郎」がルームに到着です。本家と違い、ヤサイマシマシ等の呪文はありません。でも手違いでマシマシしてたら食べる前に終了してたね......それほどの大迫力です。スペック的には5㎏だそうです。

麺は菅野製麺所の極太オーション麺、スープは微乳化の豚骨醤油、ブタは角煮風の三枚肉タイプと、二郎インスパイアとしてはレベルが高いです。

Engadget
いただきます!

麺、ワシゴワかつポキポキ感のある触感のもの。ウンメ~!
汁、単体で飲むと悪くないが、ヤサイと合わすといささか薄め
ブタ、肉も脂もトロけて、神域ウッメェェェ!

固形物は全部やっつけて無事クリア。完飲...はしません。

こちらも「au WALLET プリペイドカード」で支払OK!「au WALLET 残高」で「鍋パ郎」も堪能できました。

サバイバルギアショップ フォートレス

Engadget
秋葉原のプレイスポットというと、買い物のほかにはゲーセンやカラオケなど、なんとなくインドア指向なイメージがありますが、身体を動かすプレイスポットもあります! そのひとつが「サバイバルゲーム(サバゲ)」です。

エアガンで撃ち合うサバゲの性質上、遊べる場所は郊外のフィールドが多いのですが、秋葉原には室内フィールドがあるのです。せっかくの秋葉原生活なので、この機会にチャレンジしてみます。


だけどボクにはエアガンがない。
君を打ち抜く腕もない。


フィールドでレンタルも可能ですが、自分の相棒となるエアガンは購入したいです! と意気込んでみたものの、全くの初心者なのでそもそも銃の種類や特徴も分からないのでショップで色々聞きながら購入することに。

Engadget
エアガン専門店のフォートレスではエアガンやウェア、装備品など、サバゲに必要なアイテムがすべて揃います。「秋葉原の室内フィールドで使いたい」旨を伝えると、狭い空間で撃ち合う場面が多いので銃身が短いエアガンが良いとのこと。

Engadget
吟味して購入したのは、東京マルイ製のガスブローバックガン「ストライクウォーリア」です。正面のギザギザパーツ(ストライクフェイス)がメチャクチャカッコイイっす!

Engadget
展示されているエアガンはシューティングレンジにて試射できます。ガス式のハンドガンの場合、射撃時に銃身がブローバックする動作ギミックがあるので、本物の銃のようなリアル感がありますね。

サバイバルゲームフィールド ASOBIBA 秋葉原フィールド

Engadget

相棒(エアガン)をバッチリ用意したし、試射もしたので準備はオッケー! これで戦地に臨めます。秋葉原にある屋内サバイバルゲームフィールド「ASOBIBA 秋葉原」は、エアガンショップ「フォートレス秋葉原店」の向かい側のビルにありました。近すぎっ!

サバイバルゲームフィールド ASOBIBAは「都心で気軽にサバゲーしよう!」がコンセプトの屋内フィールド。お店に集まった人たちとチームを組むフリー参加戦なので、1人だけで訪れてもサバゲできます。
Engadget
道具はすべてレンタル可能なので「サバゲやってみたい」という心意気さえあれば、すぐに遊べてしまう気軽さ。サバゲデビューの敷居がこんなに低いとは!

屋内フィールドとはいえフロアの大部分がゲームエリアとして区画され「幅15m、奥行き40m」という広さが確保されてます。ドラム缶やタイヤが並ぶ廃墟エリアや、遠くから撃ち合える広いエリアがあったりと、ゲームフィールド内はバラエティに富んだレイアウトです。

ASOBIBAでのサバゲは1ゲーム5分ほどで決着がつきます。短期勝負でどんどんゲームが回るので、撃たれたとしてもすぐ次のゲームに参加できます。

Engadget
見よ、この雄姿!

ASOBIBAの料金体系は部割の時間制で

平日:第一部(11:30~16:00)3,500円
平日:第二部 (16:00~22:00) 4,000円(19時以降3,000円)
土日祝:第一部 (10:00~16:00)4,500円
土日祝:第二部 (16:00~22:00) 4,500円
全日:深夜の部(不定期:22:30~5:00) 4,000円

1時間だけ遊ぼうが、4~6時間ガッツリ遊ぼうが料金は変わらないので、イッパイ遊ぶほうがおトクなのです。

au経済圏オンリーでの1週間生活は問題なし!

スマホだけで完結する「au WALLET スマートローン」での秋葉原1週間生活。突発的に現金が必要なイベントがありましたが、「au WALLET 残高」だけでの秋葉原で1週間快適に生活できました。支払い金額の合計は9万9766円で、貯まったau WALLETポイントは「643ポイント」です。普段使いでコツコツとポイントを貯めていけるのはいいですね。

しかも今なら、6月30日までに「au WALLET スマートローン」を新規で申し込んで、合計3万円以上借り入れると最大2000円キャッシュバックのキャンペーンも実施しているとのこと!

「au WALLET プリペイドカード」「au PAY」の対応店舗の多かったので、グルメやショッピング、アクティビティーなど様々な側面から秋葉原の魅力を知ることができた実験になりました。

Engadget

関連キーワード: au Pay, au smart loan, au WALLET, KDDI, Wowma
16シェア
0
16
0
0