PR

矢野りんが春日井良隆に訊く!
タブレットがデザイナーに拓く未来
――Windows 8の新ユーザー・インタフェースは
“コト作り”を加速するか?

【後編】目指すはタブレット界のCMS? デザイナーの表現をいかに手助けするか


 

By AOL編集部

→関連記事:adamrocker x 矢野りんに訊く! タブレット・アプリ開発の現在、そして未来――Windows 8の登場でタブレットの世界はどう変わるのか?【前編】【後編】

前編に続いて、間もなくリリースされるWindows 8の新しいユーザー・インタフェース(UI)がアプリのデザインにもたらす可能性について、Android用の日本語入力アプリとして多くのファンを持つ「Simeji」のUIデザイナー 矢野りんさんが、マイクロソフトのUXエバンジェリスト 春日井良隆氏に切り込みます。Windows 8は、デザイナーやクリエーターの“コト作り”をいかに支援するのでしょうか?

前編はこちら

ユーザーにとっての使いやすさを追求して、「余計なもの」をそぎ落とす

――ここまで春日井さんのお話を伺ってきて、マイクロソフトは最初、ある程度まで規定したガイドラインを用意するけれど、そこから先はデザイナーや開発者、ユーザーの皆さんの声も聞きながら、理想のタッチ・インタフェースをともに追求していきたいという思いを感じたのですが。

春日井:ご指摘のとおりです。それには、皆さんにどんどんWindows 8を使っていただき、いろいろ提言していただきたいのです。ガイドラインに関しても、「ここはこうあったらいい」といったご意見をお寄せいただけるとありがたいです。

 Windows 8の新しいUIの根幹には「Immersive」、日本語で言うところの「没入感」や「没頭」という考え方があります。ユーザーにアプリに没頭してもらうためにUIはどうあるべきか? UI上には本当に必要な要素しか置かない、言い換えれば無駄なもの、余計なものを「そぎ落とす」ことをしましょうとお伝えしています。英語では、この余計なもののことを「クロム(Chrome)」と言いますが、日本語では「クロム・メッキ」、つまり「メッキがはがれる」のメッキと置き換えていただくとよいかもしれませんね。余計な装飾であるメッキを極力廃して、核心部を見せることを意識していただきたいと考えています。

丸で囲まれた矢印のアイコンはここをクリックして欲しいというグラフィック。タッチディスプレイの場合は、このグラフィックがなくともメニューを直接、タップすることになるので、余計なもの=クロムと言える。

 ただ、これも強調し過ぎたせいか、最近は何でもかんでも外してしまう方がいらっしゃって、ちょっと困っています(笑) 例えば、タイマー・アプリの一時停止機能など、アプリを使用中のユーザーが即座に使う可能性のある機能は、画面をタップしたらすぐに使えるようにすべきだと思います。これをアプリバーにレイアウトし、一時停止する都度アプリバーを引き出さなければならないとしたら、かえってユーザーがアプリに没頭できません。

 常に忘れてはいけないのはユーザーの視点です。ユーザーの視点に立ち、何がクロムで、何がクロムでないのかを意識していただきたいと思っています。

Windows 8はCMSのようなもの? やっぱり大切なのは“コト作り”

矢野:そういうことって、スマート・デバイス向けのアプリ開発で初めて直面したことなのではないかと思います。PCなら“ながら使い”ができるじゃないですか。いくつものアプリを同時に起動して、Twitterをやりながら、映像を観ながら何かをしていたけれど、モバイルの場合は人間の行動に直接的に従属していて、ほかのことをやりながらというわけにはいかないんですよね。

 そう考えると、モバイルのユースケースって意外と単純なんです。単純にしないと使いこなせない、没頭できないってことがわかり、単純化しようってなったのでしょう。その中で、例えばiOSなら、美麗なグラフィックスとアクロバティックなUIを使ったアプリを作ることに注力する人が現れたりして...

春日井:Flashが登場したときに近い現象かもしれないですね。見栄えはいいけど、実は使いづらい“フルFlashサイト”みたいな。結局、淘汰されましたけど。

矢野:そう、“フルFlashサイト”みたいなものが出てきましたね。その一方、Androidの場合は非常に自由度が高いが故に、何をどう作ればよいのかを習得するまでにある程度の実践を積む必要があって、これはちょっと手間がかかり過ぎるなぁっていう悩みもあったと思います。

 そうした“先生”たちがたどってきた道を振り返ってみると、Windows 8が事前にある程度の枠組みと一見厳しいガイドラインを用意して、最も肝心なコンテンツ作りに集中できる環境を整えようとしているのは、まぁ妥当なアプローチだなと思います。

 おそらく、開発者にとっては凄くメリットがあるでしょう。下手をすると、開発者だけで、そこそこの見栄えのものを作れてしまうわけですから。私はWindows 8のガイドラインを見たときに、「おぉ、もうデザイナーなんて要らないじゃん!」って感じたのですが(笑)

春日井:デザイナーの方はちょっと大変かもしれないですね。マイクロソフトが用意した枠組み以上のことを、ご自身の力量として見せないといけないわけですから。

矢野:そうなんです。おそらく、質の高い映像やグラフィックスなど“アセット”の作り込みに力を注がないといけないでしょうね。

春日井:そう考えると、これはWebの世界におけるCMS(Contents Management System)に近いものなのかもしれませんね。WordPressやMovable Typeのような一種のフレームワークが出てきたことによって、Webデザインにある共通性が見られるようになりましたが、それと似たような状況なのかもしれません。

矢野:まさにそういう状況です。その中で、差別化の要因となるものの1つはアセットですね。もう1つは、コンテンツそのものの面白さでしょう。

 ある意味、誰でもクリエーターになりやすくなったとも言えますね。最近、「クリエーターになる」って宣言する人が多いじゃないですか。開発者って言うとプログラムだけを書く人、デザイナーって言うとPhotoshopやIllustratorを操作する人というイメージを持たれがちですが、そこであえて「クリエーターになる」って言う人は、人を感動させたり、面白がらせたりする何かを作りたいと思っているのでしょう。

春日井:それはまさに、以前の記事でお話されていた“コト作り”ですね。

矢野:そうです。“コト作り”にかかわりたい人は、あえて「クリエーターになる」って言うのだと思います。そうだとすれば、余計な手間は少ないほうがよいので、ネタで勝負するのならWindows 8はいいのかな。ネタで勝負するのは大変なんですけどね!

春日井:それこそ腕の見せどころですし、だからこそやりがいがあって面白くありませんか?

矢野:今後は、新しいタイプのクリエーターが登場してくる可能性もあると思います。Webの世界でブログやCMSによって手軽に情報発信ができるようになり、ある種の“言葉芸人”みたいな、情報発信によってプレゼンスを獲得するような方が出てきたじゃないですか。それと同じように、開発者でもデザイナーでもない人が、Windows 8の上で“アプリ芸人”みたいなかたちで登場してくるかもしれません。

春日井:そんな方々も出てくるかもしれないですね。Windows 8はC やC#のような、いわゆるWindowsと親和性の高い開発言語に加えて、HTMLとJavaScriptでもアプリを作れるので、Web系の開発者やデザイナーの方も入りやすくなっています。

 また、Windowsという特性を生かして、企業ユーザーのニーズをうまく満たしたり、掘り起こしたりしてくれるアプリが登場してくることにも期待しています。タブレットはレスポンスが速く、視認性も高いですし、売上や在庫の数字を日々チェックしなければならない経営者や生産管理をしている現場の担当者には向いていると思います。店舗や外回りの営業を多く抱えるような企業では、カタログ・セットの代わりにタブレットを導入するケースも増えています。

 そうした用途向けのアプリを作る方にとっては、アプリの作り方がテンプレート化されているWindows 8は扱いやすいのではないかと思います。各種の数字データをいかにわかりやすく、効果的に見せるかという部分で、デザイナーの皆さんにも力を発揮していただけるでしょう。コンシューマー向けの領域で培ってきた力を、ぜひエンタープライズの世界でも発揮していただきたいです。

マイクロソフト自身がタブレットPC開発に乗り出した理由

矢野:マイクロソフト自身も「Surface」というタブレットPCを出すんですよね。


 
マイクロソフトがWindows 8のために開発したタブレットPC「Surface」

春日井:Surfaceに関して、日本ではまだ具体的なことは決まっていないのですが、そもそもなぜマイクロソフトがSurfaceというハードウェアを出すことになったのか? それは、かつて我々がマウスやキーボードを出してきたのと同じ理由からなんです。

キーボードとマウスは今でこそ当たり前になりましたが、その昔は「さぁマウスを使いましょう」と言われたユーザーがマウスをディスプレイに押し当てたという笑い話もありましたよね。

キーボードとマウスでコンピュータを操作することがまだ一般的ではなかったころ、これらのデバイスで操作するOSやアプリをリリースしたソフト屋のマイクロソフトとしても、デバイスも併せて提案しようと考えて、マウスやキーボードの開発に着手したと聞いています。

Surfaceも、それと同じ発想です。タッチよる操作は多くのユーザーにとってはまだ一般的ではないですし、従来のWindowsとはまったく異なる新しいUIです。そのOSが搭載されるハードウェアもマイクロソフトとして提案したいと考えて、Surfaceという具体的なハードウェアを提案することになりました。Surfaceには、ソフトウェア・ベンダーとして「ハードウェアはこうあってほしい」というマイクロソフトの願い、提案が込められています。

矢野:Surfaceの最大の特徴は、タブレット本体からキーボードを切り離せるところですよね?

春日井:マグネットで簡単に取り外しができるキーボードは液晶のカバーにもなっていて、キータッチも良好だそうです。私自身、まだ現物を触ったことはないんですけどね(笑)。

 前編で、「今はちょうどUIの過渡期にある」というお話をしましたよね。これは私なりの解釈ですが、そうした時期だから、ハードウェア的にもちょうど中間にあるもの、つまりノートPC的な使い方とタブレット的な使い方の両方を携帯性も重視しながら追求した結果、あのような形になったのかなと思っています。

 ちなみに、「Wedge」シリーズという、Windows 8に最適化されたマウスとキーボードも出てきますので、そちらもご期待ください。

矢野:これはマイクロソフト独特のアプローチですね。例えばアップルの場合、入力デバイスをいかに排除するかを模索しているように見えます。

春日井:そこはやはり、すでに多くのユーザーを抱えるWindowsとの立場の違いでしょうね。

ガイドラインを超えるアプリの登場に期待!

矢野:iOSやAndroidに対するWindows 8のアドバンテージや特徴を挙げるとしたら、どういった点になるでしょうか?

春日井:最大の特徴は、前編でもお話しした「チャーム」だと思います。チャームがあることで、ユーザーはアプリを切り替える度に環境設定の場所を探し回ったりすることから解放されますし、誰かとコンテンツを共有するときソーシャルボタンを探したり、URLをコピーしてペーストするといった操作が共通化されます。何かをしたければ、画面右側からチャームを引き出せばいいわけですから。

OSは、いわば野球場のような1つの“場所”だと言えます。野球をする選手がアプリやサービスの提供者で、焼きそばやフランクフルトを売るお店がWindowsストアだとして、しかしそれらだけでは野球場は成り立たず、そこに観客、つまりユーザーの皆さんに来ていただかなくては意味がありません。Windows 8では、一流の選手による魅力的な野球が見られるだけでなく、野球そのものを快適に楽しめる“場所”を用意できたと自負しています。

――入りやすい“場所”の上で、デザイナーやクリエーター、開発者の皆さんには今後、よりユーザーの視点にフォーカスしたコンテンツ作り、“コト作り”に切磋琢磨していただきたいということですね。

矢野:先日もWindows 8の開発者向けイベントに参加してみて、そのことをはっきりと言われたような気がしましたね。「箱は用意するから、中身を作ってくれ」って。

春日井:おそらく、そうした箱、つまりCMSのような「だれにとっても必要かつ共通の仕組み」はコモディティ化していくのだと思います。デザイナーや開発者、クリエーターの皆さんには、マイクロソフトが作った箱、ガイドラインを読み込んで、ぜひそれを超えるものを作っていただきたいです。

――マイクロソフトからの挑戦状ですか?(笑) 作り手の立場としてはいかがでしょう?

矢野:ガイドラインを制約と呼ぶのは違うかもしれませんが、いずれにせよ何事にも制約はあるわけですね。Windows 8の場合はガイドラインを生かすことでプラットフォームのポテンシャルを引き出せるようになっているわけですから、それを使って最大限のものを引き出しつつ、自分が面白いと思うものを腹をくくって表現すればよいんだと思います。

――本日はありがとうございました。次回は、矢野さんも参加されているAndroidアプリ開発者コミュニティ「デ部」の皆さんに、実際にアプリ開発を体験していただきながら、疑問にお答えしたり、ご要望をお聞きしたりする予定です。読者の皆さんは、そちらの記事も楽しみにお待ちください。

前編はこちら

→関連記事:adamrocker x 矢野りんに訊く! タブレット・アプリ開発の現在、そして未来――Windows 8の登場でタブレットの世界はどう変わるのか?【前編】【後編】


 
提供
日本マイクロソフト株式会社
掲載期間
2012年9月18日〜2012年12月16日

 

開発者のためのクリニック

 


 
春日井良隆(かすがい よしたか)
日本マイクロソフト株式会社
UXエバンジェリスト
岐阜大学を卒業後、大沢商会を経て、アドビ システムズに入社。ビデオ編集ツールのマーケティング一筋の10年を過ごす。2007年1月、Expressionのプロダクトマネージャーとして、マイクロソフトに入社。その後、Silverlightのプロダクトマネージャーを兼務し、両製品のマーケティングを統括する。2009年7月、エバンジェリスト部門に異動。担当するのはWindows 8、IE10、HTML5、ユーザーエクスペリエンス (UX) そのもの。

 
矢野りん(やの りん)
バイドゥ株式会社モバイルプロダクト事業部
マネージャー。フリーランスのデザイナーとして、メーカのWebコンテンツなどデザイン経験多数。2011年12月よりバイドゥ株式会社入社。自社プロダクトのSimejiやBaiduIMEのUX/UIのデザインやプロモーション企画・デザイン担当。Android女子部を主催するなど、国内におけるAndroid普及に努めている。Simeji(シメジ)を中心とするサービスの開発に関わる一方、講演や、書籍の執筆も行っている。
18シェア
0
18
0
18シェア
0
18
0