MVNO元年と呼んで差し支えないほど数多くのMVNOが立ち上がった2014年において、全社を上げてMVNOに本格参入した楽天。

楽天ブロードバンドというブランドではなく新たに「楽天モバイル」を立ち上げた理由や、楽天モバイルならではの強みなどのお話しを、フュージョン・コミュニケーションズ コンシューマビジネス部 販売促進グループ マネージャーの鈴木暁氏に聞いてきました。

 

楽天スーパーポイントが最大の武器。キャンペーンで1年間のポイントが倍に


Engadget:本日はよろしくお願いします。楽天モバイルとして新たに展開するMVNOですが、さまざまな企業がMVNOに参入している昨今、楽天ならではの特徴はどこにあるのでしょうか。

鈴木:楽天モバイルの武器といえばやはり楽天ならではのポイント連動です。実はこの話、記者会見の際にもお話ししているのですが、せっかくの機会なので改めてこの場でポイントについてお話させてください。

4月より楽天スーパーポイントとの連動が始まり、4月ご利用分から楽天モバイルの料金100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント付与されるだけでなく、4月9日からは楽天スーパーポイントで端末の一括購入費用を支払うこともできるようになる予定です。また夏頃には初期費用や月額料金でも楽天スーパーポイントが使えるようになる予定です。



 楽天はオンラインショッピングの楽天市場はもちろん、楽天ブックスや楽天トラベルなどサービスが多岐に渡っており、特に意識していないのにいつの間にか楽天スーパーポイントが貯まっている、というお客様の声も多いんですね。

例えばビジネスマンなら出張の際の旅券や宿泊を楽天トラベルで予約しているだけで、いつの間にかポイントが貯まっている、なんていうケースもあり、出張で貯まったポイントを楽天モバイルに使う、なんてこともできます。

Engadget:なるほど、楽天スーパーポイントは確かに楽天ならではの魅力ですね。とはいえ月額費用を抑えるためにMVNOを選択するユーザーも多い中で、低価格な月額料金の楽天モバイルではさほどポイントが貯まらないようにも思います。

鈴木:おっしゃる通り、楽天モバイルだけではそれほどポイントが貯まらないかもしれませんが、実は楽天の各種サービスとポイントが貯まる連携も展開しています。

現在展開している新規加入者向けキャンペーンは、4月1日までに申し込むとその後1年間は楽天市場/ブックス/トラベル/koboでの商品購入で付与されるポイントが2倍になり、さらにプラチナ/ダイヤモンド会員なら3倍になります。2倍の対象は楽天市場の買い物も対象となるだけでなく1年間有効なので、ポイントが非常に貯まりやすくなります。



また、新規加入時のキャンペーンとしては端末同時一括購入で最大3500ポイント、楽天でんわと同時申し込みで1500ポイント、スマートフォンの下取りで4000ポイントをバックします。加入される方は端末を一括購入される方が多く、楽天でんわは申し込みだけなら料金もかからないので、楽天モバイルを申し込むだけで最大5,000ポイント、端末を下取りに出せば最大9000ポイントが手に入ります。

 申し込み特典・ポイントキャンペーン情報

3月下旬からは友達紹介プログラムも提供予定で、特定のURLから楽天モバイルに加入すると、URLを紹介した人にポイントが入ります。ブログをお持ちの方や、Twitter、Facebookなどを積極的に活用されている方であれば、非常にポイントが貯まるでしょう。こうしたポイント連動は楽天モバイルの大きな魅力だと考えています。

携帯電話キャリアに次ぐ「第4勢力」に


Engadget:なるほど、楽天の利用者にとってポイント連動は非常に魅力的ですね。では次に楽天モバイルの狙いについてお聞かせください。御社はもともと楽天ブロードバンドでデータ専用SIMのサービスを展開していましたが、なぜ楽天ブロードバンドではなく新たに楽天モバイルとして立ち上げたのでしょうか。

鈴木:楽天モバイルは楽天にとってEC、金融、コンテンツという3つの柱に次ぐ第4の柱として盛り上げるべく力を入れているサービスです。おっしゃる通り楽天ブロードバンドでもSIMサービスは提供していましたが、提供するサービスはデータSIMのみでした。今回は新たに音声通話も導入するにあたり、携帯電話キャリアに対する第4勢力となることを目指し、新たに楽天モバイルという名前でブランドを立ち上げ、1,000万契約を目指して展開していきます。



 

ユーザーの伸びは好調。高速・低速切替はアプリで対応済み。


Engadget:10月に始まったばかりですが、ユーザー数は伸びていますか。

鈴木:具体的な数字はお話しできないのですが好調です。グループのサービスと連携したキャンペーンを実施していることもあり、グループ内からの導線もあるため、想定以上の申込数ですね。

Engadget:どのプランがユーザーに人気ですか。

鈴木:2.1GBのプランです。NTTドコモさんも2GB以内で収まっているユーザーが想定以上に多かったと発表されていましたが、やはりこの辺りの容量がボリュームゾーンです。

Engadget:これはヘビーユーザー向けの機能かもしれませんが、高速通信と低速通信の切り替え機能は検討されていますか。

鈴木:実はその機能、つい先日対応したんです。アプリを最新版にアップデートすると高速と低速の切り替えができるようになりました。ヘビーユーザーの方からの要望が多かった機能なので、Engadgetの読者さんにはぜひ使っていただきたいです。

店舗数の拡大が急務。1,000万契約に向けて端末ラインアップも全方位で拡充


Engadget:お客さまの要望の中で多いのはどういった声なのでしょうか。

鈴木:店舗の数を増やして欲しいという要望は多いですね。現在は渋谷の楽天カフェで楽天モバイルの新規申し込みができるのですが、週末はいつもカウンターが賑わっていますし、関東だけでなく地方からお越しいただいている方もいらっしゃいます。今後は楽天本社の移転先である二子玉川、楽天イーグルスの本拠地である仙台にも新店舗をオープン予定ですが、店舗数は早期に10店舗をオープン、さらに拡大していく予定です。




Engadget:店舗数の拡大というのは店舗に足を運べない方の要望だと思いますが、来店される方々との要望に違いはありますか。

鈴木:店舗にいらっしゃる方は実際に端末を触ってから申し込みたいというお客様が多いですね。楽天モバイルは新たに「ARROWS M1」を追加して4端末を取り揃えています。これはMVNOの中では多いほうなのですが、お客様はMVNO同士というよりキャリアと比較されるので、端末の拡充はこれからも力を入れていきます。

Engadget:Engadget的にはぜひWindows Phoneや「AQUOS K」のようなAndroid搭載フィーチャーフォンといったラインアップを埋めていって欲しいところです。

鈴木:そうですね、1,000万を目指すためにはニッチな要望であっても対応していく必要はあると思います。個人的にもWindows Phoneとかは使ってみたいですね(笑)。

Engadget:ラインアップの中で人気のある端末を教えて下さい。

鈴木:価格が安いこともありZenFone 5が人気です。ただ、店頭でお話しすると、男性のお客さまはスペックの高さからAscend Mate7に興味を示す方が多いですし、国産メーカーがいいというこだわりがある方はAQUOS、シニアの方はARROWSと、それぞれバランスよく売れています。

楽天モバイル 端末ラインアップ


Engadget:最後に改めて楽天モバイルの魅力を教えてください。

鈴木:最初にお話した通り、楽天モバイルを使っているだけで楽天スーパーポイントが貯まり、貯まったポイントを楽天モバイルの支払いにも使えるというポイント連動が最大の特徴です。また、楽天内の他サービスとの連携も大きな武器です。すでにポイントでキャンペーンも展開していますが、楽天モバイルを使うと他の楽天サービスも便利になる、オトクになるという施策は今後も展開していきたいと思います。

Engadget:本日はありがとうございました!

【ニュースリリース情報】 楽天モバイル 月額料金は据え置きで高速通信容量を大幅増量
4月1日より、各プランの高速通信容量が増量され、2.1GBパックは3.1GBパックに、4GBパックは5GBパックに、7GBパックは10GBパックになります。

合わせて3日間の通信容量制限も増量となり、3.1GBパックは540MB、5GBパックは1GB、10GBパックは1.7GBまで3日間合計で利用できます。

 
0シェア
0
0
0
0シェア
0
0
0