Apple Watch Series 6(仮)、引き続き有機ELパネル搭載?ミクロLEDは見送りのウワサ

睡眠追跡機能の追加にも関わる話です

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年06月1日, 午後 03:00 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
Watch

2020年の秋に発表と見られる次期Apple Watch Series 6(仮)はミクロLEDディスプレイ採用との予測が有力ですが、引き続き前モデルと同じく有機ELパネル搭載との噂が伝えられています。

ミクロLEDとは、超微細なLEDを画面に敷き詰めて映像表示する技術のこと。有機ELと同じく自発光方式のため純粋な黒を表現できる一方で、有機物を含まないために焼き付きや劣化に強いというメリットや、電力効率の高さから省電力が期待できます。

さて今回のウワサの発信源は、Twitterユーザー@L0vetodream氏のつぶやきです。同氏は新iPhone SEの発売日や3種類のストレージ容量を的中させたことで注目を集め、「MacBookのバタフライ式キーボードが戻ってくるかもしれない」との予測が話題となっていました。

@L0vetodream氏は「私の夢では」と前置きした上で「Apple Watch S6(Series 6)はJDI(ジャパンディスプレイ)のディスプレイを引き続き採用する」とツイート。ここ数年JDIはApple Watch向けに有機ELディスプレイを供給していることから、ここでいうJDI製ディスプレイも有機ELと推測されます。

なぜ、この噂話が大きな注目を集めているのか。それはミクロLED採用による省電力が、次期Apple Watchで実現と予想される睡眠追跡機能と深い関わりがあるからです。すなわち、Series 5までの公称バッテリー持続時間18時間程度は「ユーザーが寝ているときに充電ドックに設置する使い方」が想定されているため、いっそうの省電力が必須と見られてきた経緯があります。

アップルは2017年からミクロLED搭載Apple Watchの試作機をテストしているとの噂もあり、2019年にも台湾サプライチェーンが大量生産に向けて準備中とも報道されていました。それだけに今回のリーク情報は、従来の定説を覆すとともに、Apple Watch Series 6の新機能を左右しかねない重みがあるわけです。

ほかApple Watch Series 6の新機能としては、SpO2(血中酸素飽和度)の測定パニック発作の検出なども噂されています。

そうした様々な新機能を実現するためにも、Apple Watchが見やすい画面と引き換えに抱えてきたバッテリー持続時間の相対的な短さ(たとえばFitbit製品は1回の充電で1週間は使用可能とされる)は克服が望まれるはず。今後の続報を待ちたいところです。

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apple, applerumor, applewatch, applewatch series6, microled, news, gear
0シェア
FacebookTwitter