サムスン独自デビットカード「Samsung Money」の詳細公開 ポイントの現金還元も

今夏後半に米国でサービス開始予定

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年05月29日, 午後 05:30 in Samsung
0シェア
FacebookTwitter
Samsung Money
Engadget Japan

韓国サムスンは独自デビットカード「Samsung Money by SoFi(以下、Samsung Money)」の詳細を海外にて発表しました。

Samsung Moneyはマスターカードブランドのデビットカードで、フィンテック企業のSoFiとの提携により発行されます。また、サムスンのモバイル決済システム「Samsung Pay」と紐付けられています。

Samsung Moneyの口座維持手数料は無料で、アメリカにおける平均金利よりも高い利子が設定されています。デビットカードは仮想カードと物理カードの両方が存在し、物理カードにはカード番号や有効期限、セキュリティコードなどが印字されません。またアプリでは、残高照会や使用履歴などの詳細が確認できます。

Samsung Payをつうじて商品を購入するたびに、ユーザーはポイントを取得できます。1000ポイント以上が貯まると、Samsung Payのアカウントに振り込むことで現金として還元することも可能です。

テック企業によるカードビジネスとしては、まず米アップルのクレジットカード「Apple Pay」があげられます。さらに、米グーグルも独自デビットカード「Google カード」の投入がされているのです。

Samsung Moneyはアメリカにて、今夏後半にサービスが開始される予定です。テック企業の金融サービスへの参入が、どれだけポートフォーリオの安定化に寄与するのかに注目です。

Source: Samsung

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Samsung, debit card, news, gear
0シェア
FacebookTwitter