GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

夏のアウトドアに水分補給は欠かせません。

ですが、ペットボトルを持ち歩くのに少々困ったことはありませんか?

そんな時には、ボトルホルダーを!!

ペットボトルをキーホルダー感覚で腰から下げたり、鞄から下げたりできる、優れモノ。




 



散歩中に喉が渇いたときや、野外イベントで小腹がすいて屋台で何か買おうとしたとき、手元にお財布がないから買えない…(泣)

そんなもしもの時も!!

500円玉が2枚入るコインポケット付きで、いざという時に役立ちます。




 

クリップをペットボトルのネックに挟むだけ!!

お子様にも使いやすいワンアクション構造。

サッとはずして飲める。

ナスカンが付いているのでベルトループやリュックなど様々な場所に取り付け可能。

うっかり置き忘れることもありません!

かさばらず、キーホルダー感覚で身に付けられる。

そしてストラップ部分には本革を使用!アウトドアにも最適な防水革を使用している為、水滴や汚れが気になった時はサッと拭き取って。


横からペットボトルのネックに挟むだけ!
(※スリムボトルなど、一部のペットボトルではお使い頂けない場合がございます。)

ペットボトルホルダーをつけておけば自分の飲み物がすぐにわかって便利!




 



ペットボトルをおしゃれに持ち歩こう!!


 


スポーツ時に。


 


アウトドアに。

 

野外イベントに。
 



革の天敵である水。そんな固定概念を覆す防水革!!

水に濡れると油分が失われて、革が硬くなってしまったり、ひび割れの原因になります。

しかし、この防水革はそんな心配もいりません。

本革オモテ部分(ギン面)は水に強い効果が得られる防水剤を使用し、本革ウラ部分(トコ面)は透湿性のある防水特殊フィルム加工を施しています。

水は通さず、空気は通すので蒸れない為、湿気にも強いです。

※注意事項としては、ずっと水に浸かっていると裁断部分からごく僅かな水の浸透はあります。

 


 













自分だけのオリジナルペットボトルホルダーにする為、1~12の数字入りをご用意いたしました。

ご自身のラッキーナンバーや誕生月を選んでみてはいかがでしょうか。



※文字色は白色になります。
数字なしをご希望の方はご注文の際に「数字なし」をお選びください。




防水革ボトルホルダー
夏を身軽に楽しむ防水革ボトルホルダー。
革の一大産地から上質な素材、本物の価格でお届けいたします。
◇商品について
商品名:防水革ボトルホルダー
素材:亜鉛合金ニッケル塗装、牛革(防水革)
サイズ:(縦×横)14.3×4.3cm
 

ブランド名に込めた想い
cambiareとはイタリア語で『変革・チェンジ』を意味します。母体に株式会社ワイエスを持つcambiare。
株式会社ワイエスは革の一大産地、兵庫県たつの市で西播磨地区の皮革業界を支えている。皮革加工業務を代々受け継ぎ、2012年満を持して皮革加工職人が手掛けるオリジナルブランドcambiareを発足。
革素材から一貫して生産することで、良いものをよりお求めやすい価格で。革の一大産地であるプライドにかけて、本場の情報をより発信していきたいと思います。そして、過酷な作業現場で日々頑張っている皮革加工職人にも一筋の光が当たりますように。。。というキモチを込めて。

私達の住む兵庫県西播磨地区は日本全国に流通されている革素材のシェア70~80%を誇る一大産地です。しかし残念ながらその認知度はまだまだ低くほとんどの方にその事実を伝え切れていません。
この度のプロジェクトを通して1人でも多くの方に日本の革の良さ、日本の革素材を熟知した革職人がお届けする革製品の素晴らしさをお伝えしたいと強く思っております。
日本革職人としての誉れ高きプライドとものづくりに対しての強い探究心を持って今後一層の革素材づくり、革製品づくりに邁進していきたいと思いますので何卒皆様の温かいご支援の程よろしくお願い致します。

リスク・諸注意

※予告無く仕様変更をする場合があります。
※本製品は天然皮革素材を使用しています。革本来が持つ色ムラ、キズ、シワ、血筋等が見られます。また、季節・製作ロットによって色の濃淡が異なります。天然皮革素材ならではの個性としてご理解ください。
※ステッチの周囲にミシンの押さえ跡が付いている場合があります。予めご理解・ご了承の上、ご購入よろしくお願い致します。
※モニター環境により、実際の商品の色合いと異なって見える場合がございます。
※ご支援の数が上回った場合、材料の確保や製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。
※本プロジェクトを通して想定を上回る皆様からのご支援を頂き、現在進めている環境から量産体制を更に整える事ができた場合、正規販売価格より下がる可能性もございます。