GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

「AKARU」(アカル)の特徴:

1.デスクライトも懐中電灯もモバイルバッテリーも、この1台でOK!

2.昼光色に近い色温度で照射し、目に優しく負担を軽減!

3.148.5×45cmのコンパクトサイズと151gの軽量設計、どこへでも簡単に持ち運べる!

4.2000mAh大容量電池、長時間使用!

電気を付けずにスマホを操作したり、本を読んだり、仕事をしたりしていませんか?暗い環境では目が疲れやすくなり、近視の原因にもなります。

そこで今回ご紹介するのは、目に優しい色温度で照明する多機能3in1デスクライト「AKARU」。デスクライトだけではなく、懐中電灯、モバイルバッテリーとして様々な場面でも活躍します!

色温度とは、光源の温度や明るさと関係なく、太陽光や自然光、人工的な照明などの光源が発する光の色を表すための尺度です。AKARUの発している光は昼光色の標準である6500Kの色温度です。昼光色に近い色温度で照明するので、目に優しく負担をかけません!

AKARUは低、中、高の3段階の明るさから調節できます。本体にあるボタンを押すと、OFFから低モード、中モード、高モードの順に切り替えます。4回ボタンを押すと、再びOFFになります。

高さは調節可能です。ご自身の好みに合わせて高さに自由に調節できます!

ランプの部分は135°回転可能。必要な角度に調節可能!

AKARUの底には滑り止めを採用しています。

AKARUの照射部を収納すれば、懐中電灯としても使えます。災害などの非常時やアウトドアの照明にも活躍します!

AKARUはわずか148.5×45cmのコンパクトサイズ、151gの軽量設計で、どこへでも簡単に持ち運べます。リチウム電池が内蔵されているので、スマホなどのデバイスを本体のUSB充電口に接続すれば、モバイルバッテリーとしても使えます!2000mAhの電池容量で、外出時にスマホが急に電池切れになっても安心です。

AKARUは2000mAhの大容量電池が内蔵されています。フル充電後、高モード使用で最大約3時間、中モード使用で最大約5時間、低モード使用は最大約17時間使用できます。

AKARUを充電するにはType-Cポートを使います。

充電中はランプが赤に点滅します。充電が完了すると、点滅から常時点灯になります。

AKARUで外部のデバイスに充電するにはUSB出力ポートを使います。

AKARUから充電しているとき、ランプが青く常時点灯します。電池の残量が少なくなると、青く点滅します。

純白で洗練されたシンプルなデザイン。


Q:可能な充電方法を教えてください。

A:Type-Cケーブルで本体に充電します。

Q:本体のType-Cポートから外部のデバイスに充電できますか?

A:いいえ、できません。Type-Cポートは本体の充電入力ポートですので、外部のデバイスに充電することはできません。

Q:充電しながら使用できますか?

A:はい、できます。

Q:バッテリーの残量はどこで見られますか?

A:本製品はバッテリー残量の具体的な数値を示しませんが、ランプの光が暗くなってきた場合、充電する必要がある目安となります。

Q:使用できる環境を教えてください。

A:極端な温度と湿度を避けてください。-10℃~50℃の温度と55%以下の相対湿度の環境でご利用ください。

QAKARUは防水ですか?

A:いいえ。本製品は防水機能が付いておりません。水に濡れないようにご注意ください。

Q:製品保証はありますか?

A:お届け日から6ヶ月間の保証がついております。保証の対象は初期不良や通常のご利用で故障した場合となります。自然損耗や経年劣化、誤ったご使用による破損などは保証の対象外となります。

Q:返品・交換について

A:初期不良、製造上の欠陥による不良の場合は、ご到着後7日以内にご連絡いただけましたら無償で商品の交換をさせていただきます。使用上の誤り、または改造や不当な修理による故障または損傷は保障外になるので、返品・返金はお受けいたしかねます。

※お客様都合による返品は、お受けいたしかねます。

※ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。

※開発中の製品につき、デザイン・仕様が一部変更になる場合がございます。

※本プロジェクトを通して皆様から想定を上回るご支援を頂き、現在進めている環境から量産体制を更に整えることができた場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。

※並行輸入品が流通する可能性があります。個人輸入及び販路によっては防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。

クラウドファンディングの性質上、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。