GREEN FUNDINGでこのプロジェクトを支援する

「忠実に作品に込められた想いを再現するために」

これは当社Pioneer AVアンプの音に対する信念です。

その達成のため、パイオニアのフラッグシップAVアンプは、当社独自の「ダイレクトエナジーHDアンプ」を搭載し続け、新製品開発の都度、前モデルからの音の進化に取り組んできました。

2019年、当社は「ダイレクトエナジーHDアンプ」の大幅な改良と共に画期的な音質改善機能を搭載した「SC-LX904」を開発しました。

この「SC-LX904」は、1995年に発表したドルビーデジタルプロセッサ SP-D07から磨き上げてきたMCACC、PQLSといった各種技術を搭載、さらに新しい音質向上技術を駆使して熟練オーディオエンジニアがチューニングを行い、まさにPioneer AVアンプの最高峰と呼ぶにふさわしい音質を実現しました。

過去発売した全機種の音を超えた“パイオニア史上最高峰のAVアンプ” SC-LX904を、日本のお客様にも体験していただきたく、今回クラウドファンディングに挑戦します。

 

Pioneer史上最高峰の音質・機能を搭載。

マルチチャンネル同時ハイパワー出力を実現する「ダイレクトエナジーHDアンプ」 を更に進化

高いスピーカー駆動力と音質に定評のある独自の「ダイレクトエナジーHDアンプ」を更に進化させて搭載し、11ch(880W)の同時ハイパワー出力を実現しました。

最近の映画では必須のフォーマットとなっているオブジェクトオーディオの“Dolby Atmos”や“DTS:X”の3Dサラウンドを迫力のあるサウンドで楽しめます。

 

SC-LX904の「ダイレクトエナジーHDアンプ」は、心臓部であるパワーコイルを一新し、より理想的なスピーカードライブを実現しました。

電源の整流部やダイレクトエナジーHDアンプのフィルタ部に採用しているフィルムコンデンサは神栄キャパシタ社と新規に共同開発しました。

より表現豊かで安定した低音再生をもたらします。

ノイズにも留意し、Class-DアンプとAUDIO部をシールドして分離させた基板を採用しました。

プリ段からのバランス信号をシールドし高クオリティ信号をアンプ段に伝送、Class-Dアンプの持つ特長を更に進化させます。

更にプリアンプ部からパワーアンプ部までのオーディオ信号をバランス伝送とする事で、ノイズを抑えた「ダイレクトエナジーHDアンプ」のより豊かで質の高い重低音の再生を実現しました。

全スピーカー出力が4Ω~16Ωのインピーダンスに対応しており、特別な設定や切り替えをすることなく、さまざまなスピーカーと接続できます。
 

 

ESS社DAC「ES9026PRO」を全チャンネル(11.2ch)に使用

パイオニアSACDプレーヤー「PD-70AE」や4K ブルーレイディスクプレーヤー「UDP-LX800」で採用した高性能DAC 「ES9026PRO」を2個搭載しました。

この高性能DACを全チャンネルに採用し、またマスタークロックとして超低位相雑音の水晶発振器を採用、高S/Nで高精度なD/A変換を実現し、情報量豊かで力強いサウンド再生を支えます。

この高性能DAC全チャンネルの採用と多チャンネル同時ハイパワー出力を実現するダイレクトエナジーHDアンプとの組み合わせにより、どのチャンネルからも同じクオリティで再生・調整が可能となり、パイオニアAVレシーバーの理念 「マルチチャンネル ステレオフォニックフィロソフィー」を実現しております。

 

 

付属のマイクでリスニングルームを理想の再生環境にする自動音場補正技術 「MCACC Pro」 を搭載

「MCACC」は、付属のマイクによる再生環境の測定結果をもとに、自動的に全てのスピーカーを同一で同じ距離で鳴らしたように調整する、Pioneer AVアンプに搭載されてきた機能です。

「MCACC Pro」は、「MCACC」の基本機能に加え、コンテンツ内のLFEの遅れを補正する「オートフェイズコントロールプラス」や、部屋の影響による音質の悪化を解消する「定在波制御」、および測定時にエアコンの動作音などキャンセルする「暗騒音測定」、さらにスピーカーのユニット間や各スピーカー間で生じる群遅延を解消する「フルバンド・フェイズコントロール」を加える事によって、より精度の高い音場補正を行います。

天井に設置したスピーカーの距離も正確に補正するので、Dolby AtmosやDTS:X、IMAX Enhancedの3Dサラウンドの再生に威力を発揮します。
 

IMAXシアターの迫力と没入感を家庭で再現する「IMAX Enhanced」に対応

映画館で人気の「IMAX」をホームシアターで再現する「IMAX Enhanced」のサウンド再生に新たに対応しました。

IMAXシアターのサウンドエンジニアによってリマスタリングされたDTS:XのUltra HD ブルーレイディスクや4Kストリーミングなどの「IMAX Enhanced」コンテンツを本機の「IMAXモード」で再生することで、制作者の意図に忠実にIMAXシアターの迫力と没入感のあるサウンドを再現します。

また、「MCACC Pro」により、各スピーカーの位相が揃い、スピーカー間の音の繋がりの良い理想的な環境で再生が可能となります。

 

HDMIのビデオ信号回路をオフしてオーディオ再生に特化する「Audio Exclusive Mode」を新搭載

HDMIのセパレート出力を装備したBDプレーヤーなど、HDMIからオーディオのみを出力する機器を接続する際に、AVレシーバー内部のビデオ出力をオフすることで、情報量の多い、空間表現豊かなサウンドを実現します。

*BD/DVD入力のみ対応。

 

ネットワーク機能をオフして高音質・高画質を実現する 「AV Direct Mode」を新搭載

使用していないネットワーク機能をオフにする事でオーディオ・ビデオ信号の純度を高め、音質・画質を改善します。

ネットワークモジュールの動作クロックを落とすことで音質・画質を改善するMode1と、ネットワーク機能を完全にオフするMode2*があり、用途に合わせて選ぶ事ができます。

*Mode2選択時はHDMI出力のGUI表示ができなくなります。

 

最高の音を目指した新規パーツの採用

【新アンプに適したブロックコンデンサ】

ダイレクトエナジーHDアンプの進化に伴い、電源部のブロックコンデンサを一新。新ダイレクトエナジーHDアンプのより豊かな重低音の再生を実現しております。

【アムトランス製非磁性メッキの新抵抗】

チップの両端の電極部が非磁性メッキの新しい抵抗を採用。DACの精度を高めアナログ信号の高品位化に貢献しています。

【新スピーカーターミナル】

4mmのバナナプラグを接続できる非磁性体の端子を採用。外来ノイズの影響を受けにくく、信号を高純度でスピーカーへ伝送します。
 

多彩な機能

amazon music Spotifyなどの多彩なストリーミングサービスに対応

 

 

PQLS対応機器との接続でさらに高音質

パイオニア製ブルーレイディスクプレーヤーとHDMI接続時、HDMI伝送におけるジッター(時間軸上のゆらぎ)の影響を最小限に制御するPQLS(Precision Quartz Lock System)を搭載しています。

ダイアログエンハンスメント機能で、センタースピーカーレスでも聞き取りやすく

センター成分をフロントL/Rに音声を足し込んで、ダイアログ(台詞)やボーカルを強調するモードです。+1~+5までで調整が出来ます。特にセンタースピーカーが無いセッティングには有効になります。

ソフトウェアアップデートでさらなる進化へ

・Amazon Music HDのネイティブ対応を予定しております。

 

その他多彩な機能

◆映像

・ Dolby Vision™にパススルー対応
・ 4Kパススルー/「Super Resolution」アップスケーリング
・ HDCP2.3、HDR10、BT.2020に対応したHDMI端子を装備   <注意> HDMIのバージョンは「HDMI2.0」です

◆音声

・ ハイレゾオーディオやネットワークオーディオを低ジッターで高音質再生する「PQFA」を搭載
・ ドルビー・イネーブルド・スピーカーを最適な状態に調整して再生する独自技術「Reflex Optimizer」搭載
・ Dolby Atmosのバーチャル再生を実現するDolby Atmos Height Virtualizerに対応
・ 独立サブウーハー出力2系統
・ 圧縮音声をCDに迫る高音質で再生する「アドバンスド・サウンドレトリバー」を搭載
・ eARC(オーディオリターンチャンネル)対応

◆ネットワーク・操作

・ DSD 11.2MHzネイティブ再生など、多彩なハイレゾ音源の再生に対応
・ インターネットラジオ“radiko.jp”、”TuneIn”や音楽配信サービス“Spotify”(Sporify Free含む)、”Deezer HiFi”、”Amazon Music”に対応
・ Play-Fi Critical Listening Modeに対応し、“Amazon Music HD”の再生が可能
・ Apple AirPlay 2を始め、様々なリスニングスタイルで選べるネットワーク機能に対応
・ マルチルーム対応の “DTS Play-Fi®” と”Chromecast built-in™”に対応。
・ Roon Tested認証取得
・ PCから製品の設定可能なWeb Setupに対応(インタネットエクスプローラーでAVアンプのIPアドレスを入力すると、製品の詳細設定を変更出来ます)
・ お好みの音量やサラウンド設定を3つまで保存・呼び出し可能な「PERSONAL PRESET」に対応
・ Alexa Voice Controlに対応しておりますので同じネットワーク内にてAmazon EchoなどAlexaに話しかけて操作の一部行うことが可能です。
・ Googleアシスタント対応のスマートスピーカーやスマートフォンから声による操作で、本機から対応音楽配信サービスの再生が可能(Googleアシスタントでの声による操作で可能なことは、Spotifyなどのストリーミング音楽の再生、停止、音量の増減となります。)

◆その他

・ バックライト対応リモコン
・ PCでも製品の設定可能なWeb Setupに対応・ 定在波制御インシュレーター
・ 高音質極太ACインレットケーブルを採用・ 高音質極太ACインレットケーブルを採用

 

開発への思い

パイオニアのAVアンプの歴史は、1986年に海外から始まり、DVDの普及に合わせて2001年、世界初の自動音場補正技術「MCACC」を搭載したフラグシップモデルVSX-AX10を開発。そして2008年、当社AVアンプの設計思想である「マルチチャンネル・ステレオフォニック・フィロソフィー」を実現するべく、初代Class Dアンプの「ダイレクトエナジーHD(High fidelity class D)アンプ」を搭載したSC-LX90を開発しました。そして現在までパイオニアのフラグシップAVアンプはその「ダイレクトエナジーHDアンプ」を搭載し続けています。その理由として「ダイレクトエナジーHDアンプ」は電力効率が高く、マルチチャンネル同時駆動でもその出力は落ちることがなく、マルチチャンネルドライブに大変適したアンプだからです。

 

その「ダイレクトエナジーHDアンプ」を搭載し続けたパイオニアのフラグシップAVアンプは、年々音の進化を行ってきました。その証拠として、イギリスロンドンの有名なレコーディングスタジオAir Studios のエンジニアが、開発した新規モデルと前年モデルのリファレンス機と聴き比べをして、前年の音のあらゆる部分で超えたと判断した時に、初めて認証を貰うという開発を行ってきたからです。SC-LX904はその認証を取得していませんが、今回当社のサウンドエンジニアが以前と同じようにSC-LX901からあらゆる部分で音質を超えさせました。

 

2019年にこのSC-LX904を開発し、海外では販売を行いました。今回、この過去機種の全ての音を超えたパイオニア史上最高峰のAVアンプSC-LX904を、GREEN FUNDINGさんや部品サプライヤーさんの助けを借りて、皆さまにご支援を賜りつつ、日本のお客様にもこの進化を体感して頂き、驚きと感動を是非味わって頂く為に、150台限定にてクラウドファンディングに挑戦します。

 

メディア掲載情報

幻のパイオニア最上位AVアンプ「SC-LX904」が、GREEN FUNDINGで限定販売

 

パイオニアのフラッグシップAVアンプ「SC-LX904」、150台限定でGREEN FUNDINGでプロジェクトを実施中

 

パイオニアのAVアンプ「SC-LX904」を応援!GREEN FUNDINGで限定150台を発売開始 試聴体験会で「IMAX ENHANCED」を体感できる

パイオニア「SC-LX904」が本日よりクラファン開始。一部プランはすでに完売

パイオニアの超弩級フラグシップAVアンプ「SC-LX904」、そのサウンドを体感! IMAX ENHANCEDとの相性も抜群!

パイオニア最上位AVアンプ「SC-LX904」、GREEN FUNDINGで発売

 

製品仕様

 

 型番

SC-LX904

■オーディオ特性

多チャンネル同時駆動出力

(1 kHz、T.H.D. 1%、8 Ω)

880 W(11ch同時駆動時)

定格出力(マルチチャンネル)

(1 kHz、6 Ω、1 %、1 ch 駆動時)

215 W x 11ch

定格出力 (2チャンネル)

(1 kHz、8 Ω、0.08 %、2 ch 駆動時)

140 W/ch

■主な入出力端子

HDMI端子

7入力(フロント1)/ 3出力(すべてHDCP 2.3対応、メイン出力はeARC対応) <注意> HDMIのバージョンは「HDMI2.0」です

デジタル入力

光3系統、同軸2系統

アナログ音声入力

7系統(CBL/SAT、STRM BOX、BD/DVD、GAME、CD、TV、PHONO)

プリアウト出力

11.2ch(サブウーファー独立2系統)

プリ/ラインアウト出力

2系統(ZONE 2 / ZONE B、ZONE 3)

USB端子

2系統(フロント×1、リア×1)

LAN端子

1(10BASE-T/100BASE-TX)

アンテナ端子

FM×1、AM×1

スピーカー端子数

11

ヘッドホン端子

1(フロント)

■ネットワーク仕様

Bluetooth®無線技術

○(Ver. 4.2 | 対応コーデック SBC, AAC)

無線LAN

○(5 GHz/2.4 GHzデュアルバンド)

■その他

外形寸法(W × H × D)

435 mm × 185 mm × 440 mm

本体質量

18.5 kg

消費電力

340 W

待機時消費電力

0.1 W (スタンバイ時)

スケジュール

2021年7月19日 プロジェクト開始
2021年8月31日 プロジェクト終了予定 (もし150台が売り切れましたら、その時点で終了となります)

2022年1月以降 製品発送

 

 

FAQ

Q : HDMIのバージョンは何ですか?

A : HDMI2.0になります。アップデートの予定は有りません。

Q : 納期は何時になりますでしょうか?

A : 今回ご支援頂いた分の生産を2021年12月に予定しています。その場合、2022年1月以降にご支援者の皆さまに発送になります。コロナウイルスなどにより工場の稼働に影響があった場合は、予定が変更になる可能性があります。その場合は、活動報告にて速やかにご報告させて頂きます。

Q : アメリカのバージョンと何が違いますか?

A : 音質が違います。日本モデルは、アメリカモデルより、さらに時間をかけて調整をしております。

Q : 製品保証はありますか?また保証期間はどのくらいですか?

A : 初期不良に関しての保証はございます。保証期間は1年間になります。保証書も同封します。

Q : 2019年の発売予定モデルでしたが、2019年からの何か変更はありますか?

A : ハードの変更は有りません。ソフトウェアはアップデートにて、進化がありました。例えばPlay-FiにてAmazon Music HDの対応などです。

Q : 4K放送の音声フォーマットMPEG4-AACに対応していますか?

A : 申し訳ありません。対応しておりません。

Q : HDR10+のパススルーに対応していますか?

A : 申し訳ありません。対応しておりません。

Q : GREEN FUNDINGのご支援後の一般販売はありますか?

A : 一般販売の予定はしておりません。今回の150台限りの販売予定です。

 

 

・ 「Pioneer」および「Pioneer」ロゴ、「MCACC」、「フェイズコントロール」および「アドバンスド・サウンドレトリバー」はパイオニア株式会社の商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
・ 本機は、「フェイズコントロール」技術を採用しています。本技術を適用した製品にはフェイズコントロールマークが付与されます。「フェイズコントロール」技術とは、ソフト制作時や再生時に発生する「低音のズレ」(時間の遅れ、および位相のズレ)を解消する技術です。
・ 本機はIMAX Corporation 社からのライセンス契約に基づき製造されています。IMAX®は、米国およびその他の国におけるIMAX Corporationの登録商標です。版権所有。DTS特許については、http://patents.dts.comをご参照ください。DTS Licensing Limitedに基づき製造されています。DTS、DTS:X、およびDTS Play-Fiは米国および/または他の国々におけるDTS社の商標または登録商標です。© DTS, Inc. 無断複写・転載を禁じます。
・ Dolby、ドルビー、Dolby Atmosおよび。Dolby Visionは、ドルビーラボラトリーズの登録商標です。
・ HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc. の商標または、登録商標です。
・ Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
・ Bluetooth®ワードマークは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標です。
・ ブルーレイ™, ブルーレイディスク™は、ブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
・ Apple、Airplayは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
・ iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
・ Amazon、Amazon Music、AlexaおよびそれらのロゴはAmazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。
・ Google、Chromecast built-inは、Google LLCの商標です。
・ その他文中の商品名、技術名、機能マークおよび会社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。