#{Settings.contact.official.service_name}でこのプロジェクトを支援する

人生はいつだって平等に不条理だ。

いつだって物事は何の前触れもなく突然起こり、突然過ぎ去っていく。
 私たちはただ、それに翻弄され、流されないようにしがみついたり、流されたりしていくだけだ。

何の前触れもなく、突如“あいつ”がやってきて、日常は少しだけ変容していく…。
 

 


コロナ禍で加速する現実の「不条理さ」の中で作られた『異物-完全版-』。
はじめまして、今回映画『異物-完全版-』で監督・脚本を務めました宇賀那健一です。

連日、不条理な事件や厄災に関する報道がニュースを賑わしています。
そう、現実に起こる出来事のほとんどは説明出来ないはずなのに、映画では説明を求められることにずっともやもやしていました。
そんな現実を生きる中で“「不条理コメディ」を作りたい”という想いが生まれ、日に日に強くなっていきました。

そして2019年10月に僕は『異物』という短編の不条理コメディを撮影しました。


不条理な世界の中で溺れそうになりながら必死に生きる人たちを描きつづけた

そこから数カ月、世界は一変しました。新型コロナウイルスが世界中に蔓延し、現実の不条理さがどんどん加速していったのです。
現実の不条理さに対抗すべく、僕は『異物』の続編、『適応』を撮影しました。

しかし、時間が経っても世界の不条理さは止まりませんでした。
なんで全く悪くない人がこんなに苦しまなくてはならないんだ…。
僕はそんな不条理な世界の中で、溺れそうになりながら必死に生きる人たちを描こうと、更に『増殖』『消滅』という続編を撮影。
気がつけば2019年10月に『異物』を撮影して1年が経ち『異物』シリーズは4作で完結を迎えました。

『異物-完全版-』は、これらの『異物』『適応』『増殖』『消滅』という連続する4つの短編をまとめた作品です。

どうしても「映画館で体感してほしい」という想い

緊急事態宣言の延長に伴い、撮影スケジュールが変更になったり、
撮影現場でも感染症対策のために今まで以上に時間も予算もかかってしまうなど、コロナ禍での撮影は今までと違った角度の試練がありました。

公開時期も「一人でも多くの方に映画館で体感していただきたい」という思いから、悩み抜いた結果公開延期を決定。
コロナ禍だからこその悔しい想いは、沢山してきました。
それでも、そんな状況があり描き続けたことで生まれた作品でもあることは事実です。
世界を取り巻く状況も少しずつですが改善してきていると感じます。
映画館の方々は連日感染症対策を徹底して下さっていますし、本作は映画館で観ていただくことを想定して作った作品です。
延期を重ねてようやく公開にたどり着いた作品だからこそ、映画館でこの映画を体感してもらえたら嬉しいです。

世界20ヶ国70以上の映画祭で上映、9つのグランプリを受賞

これを書いている現時点でトリノ映画祭、モントリオール・ヌーヴォー・シネマ映画祭、エトランジェ映画祭などを筆頭に20ヶ国70以上の映画祭で上映が決まっています。       元々海外の映画祭を視野に入れたうえで作った作品ではあったのですが、正直これほどまで多くの映画祭に受け入れられるとは思っていなく、驚いているのが本音です。
現在は、他の映画祭で本作を観たプログラマーや、他の人から推薦されて興味を持ったプログラマーからの招待も多くて、とても光栄に思っています。

本作はジャンルの垣根を超えた作品にしたいと思っていました。
上映していただいた映画祭の部門もドラマ部門、ホラー部門、サイコ部門、エロティック部門、コメディ部門、SF部門等、多岐に渡ります。
決して万人受けする作品ではありませんが、きっと十人十色の感想が産まれる作品です。
カテゴライズせず、見ていただいた方に、沢山の感想を聞かせて欲しいです。

キャストよりメッセージ

■小出薫

「異物」撮影後は大汗かいて全速力で駆け抜けたような疾走感が、「消滅」撮影後はゆっくりと何かが天に舞っていくような恍惚感がありました。
当初は何をやっているのかよくわからなかったものが、「異物」「適応」「増殖」「消滅」全作揃って初めて、やっと何か一つのものが見えてきたような気がします。

このご時世に、何かに対して不満や不安がない人なんておりますでしょうか?
貴方は今何が観たいですか?何を感じたいですか?
世界中で誰かの心を騒がせた作品がついに日本上映です。少しでも関わっていただいた時点で既に共犯者。
この日本で、共にパンドラの匣をあけましょう。そして共に異物の行く末を見守りましょう!

■田中俊介

とにかくみんなでモノづくりを楽しもうって空気が流れてましたね。
アットホームな現場だったのですが、出来上がった作品は異質で滑稽で、映画的な懐か しさもあり、最近ではなかなか生まれないものが出来上がったのではと思って います。
思うことは、これを観た皆様がどんな反応をされるのか…楽しみですね。

この映画が持つ創造する自由さが、映画を観てくださる皆様の"映画の楽しみ方"の幅を広げる作品になっていると思います。
共に公開を楽しみに待ちましょう!

■吉村界人

撮影が終わった今も4つの作品がどう繋がっていったのかが未知数で、僕自身もそれが凄く楽しみです。

このようなインターナショナルな日本映画が
日本自体でも広がる事を強く祈っております。
是非応援よろしくお願い致します。

■宮崎秋人

もっとこの組と時間を一緒に過ごしたい!
というのが率直な感想です。
宇賀那監督をはじめ、スタッフの皆さん、共演者の皆さんとモノづくりをする時間が愛おしかったです。
"映画が大好きな少年"
そんな印象を与えてくれる監督が大好きです!撮影中もワクワクが止まらなかったのを覚えてます。
念願の宇賀那組は最高の思い出になりました。
またこの組に帰ってきたいです。

ホラーなのか、コメディなのか。
ユーモアたっぷりなこのシリーズが海外の映画祭でたくさん上映されて、たくさんの賞をいただいてるのを感じてこの作品の力を感じます。
今、世界が置かれてる状況とも重ねてしまったりして皆様にはこの作品がどう見えるのか。
たくさん感想が聞きたいです。是非、「異物-完全版-」を応援していただきたいです。


さいごに

この映画には僕の『怒り』と『愛』と『祈り』を込めました。
そして、それらが強くなればなるほど、圧倒的に下らないものを目指しました。
撮影中、僕もキャストもスタッフも何をやっているのかなんて分からなかった。だけど、全力で必死にやりました。

前にクラウドファンディングに挑戦したこともありますが、プロジェクトに挑戦することで応援してくださる方を身近に感じることが出来たことがとても嬉しかったです。
特に、エンドロールに応援して下さる方々の名前が載っているのを見ると、これだけ多くの方が仲間になって下さったんだということが実感できて、とても心強く感じます。
今回も多くの方が仲間になって下さり『チーム異物』が増えていけば嬉しいなと思っています。

『異物-完全版』、胸を張って自信作だと言えます。
だからこそ一人でも多くの方にこの映画を届けたいと思っています。
チーム異物の一員となって、映画を広めるためにお力を貸していただけたら嬉しいです。
何卒、宜しくお願いします。

 

映画『異物-完全版-』

あらすじ

何かが噛み合わないカップル、カオル(小出薫)とシュンスケ(田中俊介)。そんな日々に不満を抱えているカオルのもとへ突然“異物”がやってくる。そして最終的には二人のもとへ…。その頃、トモミ(石田桃香)の働くカフェには、元恋人同士のコウダイ(吉村界人)とミナ(田中真琴)がやってくる。煙草をくゆらせながら神妙な面持ちで話をしはじめる二人…。それから数カ月後、工場で働くリュウ(宮崎秋人)はとあるものを見つけ、事務員であるミサト(高梨瑞樹)と共に工場長のタケシ(ダンカン)にとあるお願いをしに向かうのだった。そうして気が付けば、カオルのもとに“異物”が現れてから一年が経過していた。一年前とうって変わって何かが吹っ切れた様子でとあるバーへ出かけたカオルは、謎の女(田辺桃子)と会うこととなる…。

 

キャスト

小出薫

田中俊介

石田桃香

吉村界人

田中真琴

宮崎秋人

ダンカン

高梨瑞樹

田辺桃子

監督・脚本
宇賀那健一

 

リターンについて

※お名前掲載について
 公序良俗に反する場合など変更をご依頼する場合がございますのでご了承ください

※プロジェクト限定版 パンフレット及び劇中写真プレゼント(キャスト、監督からのサイン入り)について
 サインは以下の方々を予定しています。変更になる可能性もございますのでご了承ください。
 小出薫さん、田中俊介さん、石田桃香さん、吉村界人さん、田中真琴さん、宮崎秋人さん、ダンカンさん、高梨瑞樹さん、佐倉仁菜さん、春野恵さん、璃乃さん、宮藤あどねさん、
樹智子さん、オクヤマ・ウイさ ん、フカミ・アスミさん、ムラタ・ヒナギクさん、宇賀那健一監督。

1,000円 お礼のメールプラン

・監督よりお礼のメール

 

5,000円 チケット&公式HP掲載プラン

・監督よりお礼のメール

・公式HPにサポーターとしてお名前掲載

・前売り券 1枚

 

10,000円 エンドロールにお名前掲載プラン

・監督よりお礼のメール

・前売り券 2枚

・『異物-完全版-』国内上映時のエンドロール&公式HPにサポーターとしてお名前掲載

 

15,000円 限定トークショー&未公開映像プレゼントプラン

・監督よりお礼のメール

・前売り券 2枚

・『異物-完全版-』国内上映時のエンドロール&公式HPにサポーターとしてお名前掲載

・オンライン先行試写会ご招待

 監督&キャスト様からの限定トークショー配信予定

・限定未公開映像集送付

 

25,000円 限定スタッフTシャツ&パンフレットプレゼントプラン(サイン入り)

・監督よりお礼のメール

・前売り券 2枚

・『異物-完全版-』国内上映時のエンドロール&公式HPにサポーターとしてお名前掲載

・オンライン先行試写会ご招待

 監督&キャスト様からの限定トークショー配信予定

・限定未公開映像集送付

・プロジェクト限定 スタッフTシャツプレゼント

・プロジェクト限定版 パンフレットプレゼント(キャスト、監督からのサイン入り)

 

50,000円 額装劇中写真プレゼントプラン

・監督よりお礼のメール

・前売り券 6枚

・『異物-完全版-』国内上映時のエンドロール&公式HPにサポーターとしてお名前掲載

・オンライン試写会ご招待

 監督&キャスト様からの限定トークショー配信予定

・限定未公開映像集送付

・プロジェクト限定 スタッフTシャツプレゼント

・プロジェクト限定版 パンフレットプレゼント(キャスト、監督からのサイン入り)

・劇中写真を額装してプレゼント(キャスト、監督からのサイン入り)

 

100,000円 アソシエイトプロデューサープラン

・監督よりお礼のメール

・前売り券 6枚

・『異物-完全版-』国内上映時のエンドロール&公式HPにアソシエイトプロデューサーとしてお名前掲載

・オンライン試写会ご招待

 監督&キャスト様からの限定トークショー配信予定

・限定未公開映像集送付

・プロジェクト限定 スタッフTシャツプレゼント

・プロジェクト限定版 パンフレットプレゼント(キャスト、監督からのサイン入り)

・劇中写真を額装してプレゼント(キャスト、監督からのサイン入り)

 

200,000円 劇中で使用した世界で一つにしかない“あいつ”のセパレート触手プレゼントプラン

・監督よりお礼のメール

・前売り券 6枚

・『異物-完全版-』国内上映時のエンドロール&公式HPにアソシエイトプロデューサーとしてお名前掲載

・オンライン試写会ご招待

 監督&キャスト様からの限定トークショー配信予定

・限定未公開映像集送付

・プロジェクト限定 スタッフTシャツプレゼント

・プロジェクト限定版 パンフレットプレゼント(キャスト、監督からのサイン入り)

・劇中写真を額装してプレゼント(キャスト、監督からのサイン入り)

・劇中で使用した世界で一つにしかない“あいつ”のセパレート触手をプレゼント(※発送は2022年4月となります)

 

1,000,000円 【限定1つのみ】劇中で使用した世界で一つにしかない“あいつ”本体プレゼントプラン

・監督よりお礼のメール

・前売り券 6枚

・『異物-完全版-』国内上映時のエンドロール&公式HPにサポーターとしてお名前掲載

・オンライン試写会ご招待

 監督&キャスト様からの限定トークショー配信予定

・限定未公開映像集送付

・プロジェクト限定 スタッフTシャツプレゼント

・プロジェクト限定版 パンフレットプレゼント(キャスト、監督からのサイン入り)

・劇中写真を額装してプレゼント(キャスト、監督からのサイン入り)

・劇中で使用した世界で一つにしかない“あいつ”本体をプレゼント(※発送は2022年4月となります)