Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

WILLCOM SIM STYLE:音声端末"TT"とデータ端末"DD"

Ittousai, @Ittousai_ej
2005年10月19日, 午後02:21
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
ウィルコムのW-SIMの発売と対応端末がついに発表。第一弾+二弾はネットインデックスの音声端末WS001"TT"(Tiny Talk)とデータ端末WS002 "DD" (Data Drive)。


小型音声端末"TT"
47.8x101x20.4ミリ、約66グラム。1.4インチ65K色TFTディスプレイ。連続通話:約5時間、連続待受:約500時間。



データ端末"DD"とW-SIM
43.0x54.0x12.0ミリ、約30グラム(W-SIMのぞく)
4x/1xパケットとフレックスチェンジ方式・64kPIAFS(ベストエフォート)・32kPIAFS対応。USB接続。

11月25日発売、10月26日午前10時から予約開始。
"DD"とW-SIMのセットはウィルコムストアで5800円。
"TT"と"DD", W-SIMのセットは22300円。

プレスリリース:
WILLCOM|「W-SIM(ウィルコムシム)」等の発売について

ネットインデックス

リンク先は専用サイト"ttdd.jp"。

まずはW-SIM対応の基本データ端末として"DD"、プラス話す分には必要十分なスペックの"TT"があれば一契約で通話にも使える、というところ?




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents