Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

オープンソース携帯機GP2XにMk.II 登場

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年5月23日, 午後02:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事


「オープン」携帯機GP2Xに改良版となるMk.IIが登場。3.5インチQVGAディスプレイにARM9系デュアルCPU、カスタムGPU、64MBメモリ、SDカードスロット、TV出力といった基本スペックはそのままプラスチックのスクリーンカバーを追加・スティックを大きめに改良したほかファームウェアがアップグレードされたモデル。

特にv2.0になったファームウェアは発売当初かなり不評だった旧版とは別の開発チームによるもので、問題点の多くを改善しつつなかなか面白い新機能が追加されています。たとえば起動時間の大幅な短縮やバッテリー稼働時間を改善するちゃんとした(クロックを調節する)パワーマネジメント、USBホスト機能で外付けHDD・キーボードなどのサポート、Samba・ウェブサーバ・Telnet・FTPサーバ機能など。もちろんLinuxベースのオープンソースハードウェアを名乗るだけあってファームのソースもGPLで公開されていて、現行のGP2Xからアップグレードすることもできます。

発売当初は不具合や未完成すぎるファームウェアでそれどころではない状態だったGP2X開発シーンも着々と進歩しているらしく、各種ゲーム機やPCのエミュレータ、オープンソースゲームの移植、オリジナルゲームやOgg・DivX・mp3対応のメディアプレーヤなどなかなか楽しいソフトが出揃ってきているようです。価格は$170 (約1万9000円)くらい。自分でいろいろいじれるおもちゃやエミュレータゲーム機が欲しかった方はチャレンジしてみてください。

[via Joystiq]

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents