Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

無線投影時計タイムスフィア

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年6月6日, 午後08:01
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

こちらはちょっと説明が必要な「時球」。台座にも大きな時刻表示と操作パネルがありますが、本体は上に乗っている球体部分。左上に写っているレンズでプラネタリウムのように現在時刻を投影します。台座はSplashPadのような電磁誘導式充電台なので本体だけをどこか(転がり落ちないところに)置いて使うことも可能。(写真では浮かんでいるように見えますが、無接点なだけで浮遊時計ではありません)。

デザイナーはStefano Giovannoni、メーカーOregon Scientificでは$150で販売中。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents