Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

どこでもテレビサーバSlingboxはアイ・オーから登場

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年6月23日, 午後03:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


米国版「ロケフリ」と説明されるネットワーク配信ユニットSlingboxは伊藤忠商事が代理店、アイ・オーが販売とサポートを担当して日本上陸するとのこと。自宅のHDDレコーダやテレビなどの映像をネットワーク経由で視聴というコンセプトはロケフリそのまま、クライアントソフトはまずPC用のほか(本国では)Windows Mobile版も提供されています(Mac用クライアントソフトは年内予定)。詳しくは+Dの米国版レビューをどうぞ。


出荷は7月上旬、店頭価格は3万円を切る見込み。ひとつのSlingboxから同時に複数のクライアントへ接続はできませんが、おなじく同時視聴はできないのにクライアントが4台までに制限されているソニーのロケフリと違いどこからでもアクセスできます。







CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents