Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Pong時計出荷開始

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年7月11日, 午前12:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

昨年話題になったポン時計がようやく出荷開始。左は一時間に一回、右は一分間に一回勝つコンピュータ同士の対戦スコアで時を刻みます(オリジナル版Pong Clockの動画)。デザインはBuro Vormkrijgers。

今年初めに2万7000円程度で予約を開始していたものの無粋なアタリのせいで発売が危ぶまれていましたが、400個の限定商品としてどうにかライセンス販売にこぎつけたようです。



iMacと比べるとかなり小さめ。Pong時計にはWidget版Buro Vormkrijgersスクリーンセーバ版もあります。そのほかPong関連ではリアルタイム流体力学シミュレーションを駆使したプラズマ・ポンPONG映画化決定もどうぞ。

[本家Engadget]





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents