Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

マリオスープ

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年7月16日, 午後04:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

スーパーマリオブラザーズのROMに入ったデータを8×8×2bitのままデコードしたグラフィックアート"mario soup"。MITメディアラボ出のBenjamin Fryさん作品(といっていいのか)。

read先ではスーパーマリオのほかギャラクシアン・パンチアウト・双截龍・魂斗羅・リンクなどから抽出した巨大PDFポスターも落とせます。

作品といってもただダンプしただけではありますが、「コードの視覚的分解」シリーズにはvramのデータを見ながら遊ぶweb版エミュレータdeconstructulator (要Java。操作はカーソルとZ / Xキー)や、


サムネイルではわけが分からない"dismap"もあり。ディスアセンブルしたコードのうえに分岐・ジャンプ命令を曲線で書き入れたもので、プログラムの複雑さが目で見えます。



左がエキサイトバイク、右がスーパーマリオ。

これだけだとメディアアートと称して判じ物のような絵を売る単なるゲーム好きに思えますが、Ben Fryといえばウェブトラフィックやゲノムの視覚化でも知られるちゃんとした研究者です。プログラミング言語Processingの開発者としても有名。


[via MAKE: Blog]

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents