Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Deep Inside:写真家 西澤丞インタビュー

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年7月26日, 午後11:00
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


デザイン系サイトPingMagにて、写真集「Deep Inside」を発売した写真家 西澤丞 氏のインタビュー記事が掲載されています。Deep Insideは地下トンネルや原子力発電所、研究施設など普通は立ち入れない先端技術の現場を撮影した写真集。CGにしか見えない上の写真はKEKこと高エネルギー加速器研究機構。

これが一冊目の写真集となる西澤氏のインタビューでは普通でない場所で撮影する普通でない苦労などさまざまなエピソードが語られていますが、印象に残ったのはこの言葉:
今回撮影した場所にある全てのもののフォルム、色、ライティング、どれをとっても、完全に機能性だけを考えた結果の組み合わせで、配色ひとつとっても見た目のデザインを考慮したものは一切ありません。結果、見たこともない様な、美しい非日常の光景ができている、それを見て欲しいですね。
何の意味もない見せネジを追加すれば「機能美」がアピールできると思っている安易なデザインに辟易としている方におすすめ。泣いて謝りたくなるくらい機能美成分が補給できます。


こちらは日比谷共同溝のシールドマシン。

この写真に反応するような人は当然持っていると思いますが、地下写真集といえば内山 英明氏のJAPAN UNDERGROUNDシリーズが定番です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents