Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

NVIDIA、ATIは「負けを認めた」発言

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年7月27日, 午後02:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View
AMDに買収されたATIについて、ライバルNVIDIAのCEO Jen-Hsun Huang氏が語った言葉。

BusinessWeek.comのインタビューでATIとAMD合併について答えた内容は「こんな願ってもない贈り物をもらえるとは考えもしなかった」。「結局ATIはタオルを投げ(降参して)、われわれを世界唯一のスタンドアロン(グラフィックチップ)企業にした」。

グラフィックチップ専業メーカーでいることが企業として勝ちかどうかはともかく、NVIDIAとしてはライバルが競争に耐えきれず逃げ出した認識であるとアピールしたいようです。もうひとつのライバルであるインテルはコメントを拒否したとのこと。


[via Joystiq]





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents