Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

経産省、発火バッテリーでソニーに報告要求

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年8月24日, 午後06:00
1シェア
0
1
0
0

連載

注目記事


新聞各紙にによると、ソニーのリチウムイオンバッテリーセルが各地で爆発炎上騒ぎを起こしている問題について、経産省がソニーおよびデルに原因究明と再発防止策の報告を要請したとのこと。報告の期限は31日。

またソニー・デル以外のメーカーの製品についても安全性の調査と報告をするよう業界団体を通じて求め、ノートPC用リチウムイオン電池の安全対策について専門家を集めた検討委員会を設置する運び。


DELLはすでに410万本のバッテリーリコールを実施していますが、リコール対象のバッテリーは国内にも出回っていること、確認されているデルノート発火事例のうち2件が日本で起こったものであること、今後他社製品にも飛び火 波及する可能性があることから監督官庁としては看過できない規模の問題であると認識しているようです。

ところで、広く報道された大阪の事例(上の写真)のほかに2005年10月に東京でも発火事故が起きているとのことですが、同月にソニーとデルが欠陥バッテリについて話し合いを持ったというのはこの事件を受けてのことなんでしょうか。


[Photo courtesy of The Inquirer]

1シェア
0
1
0
0

Sponsored Contents