Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

トイザらスからロボ恐竜第二弾「ロボザウルスNEO」登場

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年9月6日, 午前12:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事



ロボザウルス-TR441Jとして登場したRoboraptorに続き、日本トイザらスから恐竜型ロボ第二弾"Roboreptile"が登場。日本名は「ロボザウルスNEO」。

初代ロボザウルスとおなじく家庭用ハイテクトイロボットの大御所WowWeeの製品で、全長71cmの本体に視覚(赤外線)センサ、方向も分かるステレオサウンドセンサ、全身数か所のタッチセンサなどを搭載。障害物を認識して避けたり音のする方向に体を向ける・歩くといったことができます。

遊び方はセンサーの入力や「AI」で動き回る自由歩行モード、片手持ちになったリモコンで移動や噛みつくなどの操作ができるリモコンモード、入力した動きのシーケンス(振り付け)を記憶させて再生するプログラムモードなど。写真手前に映っている黒いものは「行動抑制ヘルメット」なるもので、空腹状態で攻撃的なロボにリモコンで「エサ」を与えてその隙にすばやくヘルメットを被せる、といったギミックもあり。

価格は9999円。トイザらス限定で9月15日から販売予定。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents