Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

サンフランシスコ市が二隻のソーラーセイル船を導入

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年11月5日, 午後03:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事



ソーラーセイル船(太陽帆船)といっても宇宙で巨大な薄膜を展開して光圧を推進力にするいわゆるソーラーセイルではなく、光発電パネルを敷き詰めた翼状の帆を持つハイブリッド船のこと。リンク先Waterlogによると、サンフランシスコ市からベイエリアのフェリーサービス契約を獲得したHornblower Yachts社は、要求された環境基準をクリアするため2隻のハイブリッド帆船を発注したとのこと。

導入されるソーラーセイル船"BayTri"はオーストラリア・シドニーのSolar Sailor社製。乗客数600の三胴構造で、高さ14メートルほどの「翼」で風を受ける帆船として、またディーゼルエンジンと光発電パネルの電力で航行します。価格は600万ドルと800万ドル(7億円と9億円ちょっと)。

就航は2008年と2011年を予定。Sea OrbiterPoseidonに続いて海洋パニック映画への登場が期待されますが、嵐が来てもちゃんと翼を畳めるようです。

[via SciFi Tech]


0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents