Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

「クローン携帯」確認報道、ドコモは否定

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年11月23日, 午後11:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事


ドコモの社内調査でいわゆる「クローン携帯」の存在が確認されたという読売新聞の報道に対して、今度はドコモが否定する声明を発表しています。

自分の電話番号が別の携帯電話で使われ身に覚えのない請求を受けるといういわゆる「クローン携帯」については各社とも技術的に不可能と否定してきましたが、読売の記事ではいったん解約されたFOMAカードを利用した「クローン携帯」が交換機の認証の緩い海外で使用された結果、おなじ識別番号の契約者に誤請求が発生したと報じています。

一方ドコモが発表した「重要なお知らせ 読売新聞「クローン携帯初確認」との報道について」では読売記事を「誤った報道」としたうえで、
この事象は、海外の携帯電話事業者との相互接続(国際ローミング)で海外において通話を行う際、海外の携帯電話事業者側の交換機が認証行為を実施していなかったことにより発生した誤接続・誤課金であります。

いわゆるクローン携帯の製造は、技術的に不可能との認識は従来と変わるものではありません。
つまり責任は海外の事業者が認証をさぼったことにあり、あくまで「誤接続・誤課金」なので「クローン携帯」ではない、よって誤報という主張のようです。とはいえ「自分の携帯とおなじ識別番号を持つ携帯があり」、「身に覚えのない通話料金を請求される」ことは全然否定していないため、何を以て「いわゆるクローン携帯」とするかという微妙な話ではあります。

読売報道によれば確認された誤請求は6件、計26万円。ドコモ発表は「 お客様にご心配をおかけした事をお詫びするとともに、本件に関わる事実をご理解いただくようお願い申し上げます」。詫びるのはあくまで「ご心配」に対してのようです。




情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents