Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

飛んで逃げる目覚まし商品化

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年1月26日, 午後03:00
4シェア
0
4
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View
走って逃げる目覚ましClockyに続いて、まさか実用化はされないと思われていた「飛んで逃げる目覚まし時計」まで製品版が登場しました。

以前掲載したコンセプトデザインでは「ぶんぶん音を立てて空中を逃げ回る」といった説明があり非現実的とばかり思っていましたが、リンク先で販売されている"Flying Alarm Clock"は半球状のめざまし時計本体にプロペラ付きの球体とほぼそのままの形状。

というわけで動画を見てみると、時計本体が空中を逃げ回るというよりプロペラ付きのユニットが(かなり勢いよく)発射されてあさっての方向に落下するため、回収して再びセットしないとアラームが止まらないという製品のようです。ほぼおなじコンセプトの製品には4分割ピースを発射する「パズルを解かないと止まらないめざまし」もあり。

各オンラインショップでの価格は4000~5000円くらい。カメラと画像解析を駆使して正確に顔を狙って落ちてくるモデルにも期待です。

[本家Engadget]






CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

4シェア
0
4
0
0

Sponsored Contents