Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

EMモバイルブロードバンド 対応カード端末4モデル

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年2月19日, 午後03:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事


Windows Mobile端末EM・ONEとともに『EMモバイルブロードバンド』サービス用カード端末4モデルも発表されています。3月31日にまず登場するのは、NECインフロンティア製のPCカード型端末D01NE(左上)。初期費用+端末価格はデータプラン(ベーシック)で2万8900円、長期契約のデータプラン(いちねん)で4980円。その後ネットインデックス製のCFタイプD01NX(右上)、OPTION製ExpressCard/34タイプD02OP(左下)、Huawei製USB接続タイプ(右下)が順次登場する予定。

『EMモバイルブロードバンド』はHSDPAを採用して下り最大3.6Mbps、上り最大384kbpsのデータ通信サービス。料金は携帯電話サービスとしてははじめてPCからの利用も含めて定額制。開始当初のサービスエリアは東京23区、愛知・大阪・京都の一部つまり東名阪エリア。2007年6月末までに関東では東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の国道16号線圏内、関西では神戸市および大阪市近郊都市の一部をカバーしたのち順次拡大予定。

料金はデータプラン(ベーシック)が月額5980円、長期契約のデータプラン(いちねん)/同(にねん)が月額5980円。イー・アクセスのADSLサービスとのセット割りも用意されます。

イー・モバイルでは2008年から音声通信サービスも提供予定。PCで高速モバイルデータ通信サービスを利用すると天文学的費用になってしまう他社の重い腰を上げさせる効果に期待です。



夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents