Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

BitTorrent、メジャー各社と提携した映画ダウンロードサービスを開始

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年2月26日, 午後03:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

新Mac miniはついに今秋? 11型iPad Proを含めた多数製品を有力アナリストが予測

新Mac miniはついに今秋? 11型iPad Proを含めた多数製品を有力アナリストが予測

View

BitTorrentはメジャースタジオ各社と提携したダウンロードストアBitTorrent Entertainment Networkを本日中にも立ち上げるようです。bittorrent.comは現在"Stay tuned."表示になったまま。

NYTimesによると、BitTorrentにコンテンツを提供するスタジオは20世紀フォックス、パラマウント、ワーナー、MGM。新ストアBTENでは映画3000本のほかテレビ番組、音楽ビデオ、PCゲームが提供される見込み。(PCゲームはラインナップ不明ながら「1000本」)。面白いのは、ライトホルダから提供された有料コンテンツのほかユーザが共有する無料ファイルも扱うこと。

価格はテレビドラマが1話$1.99の買い切り。映画はレンタルのみとなり、新作が$3.99、旧作は$2.99。レンタルは「最初に視聴してから24時間、または見なくてもダウンロードから30日以内」タイプ。DRMにはアップル以外の他社とおなじくWindow Media DRMを採用。

BitTorrentといえば違法ダウンロードの世界でも圧倒的な支持を受けているプログラム / プロトコルですが、同社の独自調査によれば「BitTorrentユーザの34パーセントは、合法でコンテンツが揃ったサービスがあれば支払う意志がある」。最初から支払う気がないダウンローダーたちはともかく、手間や法的不安を考えれば数ドル払って安全確実に落としたほうがいいというユーザのための代替手段を提供することが狙いとしています。


常に大量のピアが参加している人気コンテンツ以外はなかなか目当てが見つからなかったり、見つかってもなかなか落ちてこなかったり、やっと終わったと思えば別物だったり画質がひどかったといった経験がある人ならば確かに数ドルくらい払って見たいときに観られる方を選びそうな気もします。ただし問題なのはDVDレンタルより圧倒的に利便性が落ちるDRMを使っていること。BitTorrentプロトコルの開発者で同社共同創設者ブラム・コーエンのコメントは「(DRMが) ユーザインタフェイスに 与える影響については良く思っていない」「残念なことだ。完全になくしてしまいのだが。」
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents